本文へ移動

理事長挨拶

理事長顔写真

                     ご あ い さ つ

 

公益財団法人日本修学旅行協会
  理事長  竹内 秀一

本修学旅行協会は、平成25(2013)年4月より公益財団法人としての歩みをはじめました。当協会が担っております公益事業は、お蔭さまで、滞ることなく順調に行われております。

当協会は、今年度も引き続き、教育旅行の発展とそれによる地域の振興や活性化を一層進めていくとともに、広く社会に貢献すべく尽力したいと考えておりますので、これまで同様、皆様のご指導とご支援をよろしくお願い申し上げます。

当協会では、教育旅行を、学習指導要領において「旅行・集団宿泊的行事」として位置づけられている学校の教育活動のうち、修学旅行を主とするものであるととらえています。日本の優れた教育文化として定着しております修学旅行は、生徒たちが「平素と異なる生活環境にあって、見聞を広め、自然や文化などに親しむ」とともに「集団生活の在り方や公衆道徳などについての体験を積む」うえでの実際的な機会として貴重であり、社会のグローバル化に対応する国際理解や国際交流の促進にも大きな役割を果たしています。

修学旅行を主とする教育旅行のさらなる充実と発展を図るため、当協会では、学校教育により「持続可能な社会の創り手」を育てるという新学習指導要領の主旨を踏まえ、農山漁村での体験的な活動やキャリア教育にもつながる産業観光、被災地の経験から学ぶ震災・防災学習、地球規模で自然や環境・人々の暮らしを考えるジオツーリズム、SDGsに関わる地域の取組など、新たな分野も積極的に取り上げていきたいと考えています。また、海外修学旅行の発展を期してアジアや北米、オセアニア地域の国々における教育旅行の適地を紹介し、あわせて訪日旅行の受け入れについても積極的に取り組んでいくつもりです。

具体的には、当協会発行の月刊誌「教育旅行」や教育旅行年報「データブック」で修学旅行を主とする教育旅行の動向や実態、優れた実践例や教育旅行の適地などに関する情報を発信するとともに、シンポジウムで教育旅行の課題やあり方について議論し、また、各種セミナーなどを通して教育旅行誘致による地域の振興にも資するように努めていきます。

日本修学旅行協会は、時代のニーズと学校教育の動向を踏まえ、国内外の教育旅行の一層の発展を図るとともに地域振興にも貢献するべく事業を進めてまいりますので、皆様のご指導ご鞭撻を重ねてお願い申し上げます。

   なお、当協会の大阪事務所は昨年度をもって活動を終了し、閉所いたしました。これまでご支援いただきました関係の皆様には、心から感謝申し上げます。大阪事務所が所管しておりました継続中の事業につきましては、今年度より東京本部および名古屋事務所が行ってまいりますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

TOPへ戻る