公益財団法人日本修学旅行協会のホームページへようこそ!!

qrcode.png
http://jstb.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

Counter Start 2013.4.1
 

2012年バックナンバー

  • ホーム  > 
  • 2012年バックナンバー
   
 
印のバックナンバーは残部僅少となっています。
ご希望の方はぜひお早めにご購入下さい。
   
2012年1月号
2012年1月号(完売致しました)
 
・巻頭連載 日本の教育文化遺産を訪ねる[49]
 【登録有形文化財】近江兄弟社学園ハイド記念館
・グラビア特集
   環境を学ぶ 琵琶湖学習を深化する
・グラビア関連特集
   体験学習の場としての「琵琶湖」
            滋賀県知事 嘉田 由紀子
・グラビア関連地域だより
   琵琶湖の足あとをたどり、
     湖と人々とのかかわりを探ろう!
 滋賀県立琵琶湖博物館 
 交流担当 主査 大依 久人
・グラビア関連のおすすめ産業観光体験
      最 先 端 に 触 れ る
   〈レーシングカー製作・株式会社 童夢〉
・グラビア関連ワクワク博物館めぐり―第103回
    〈 滋賀県立安土城考古博物館 〉
応援特別企画 東北方面修学旅行実践レポート
・佐渡 世界農業遺産認定記念情報①
 
 
 
2012年2月号
2012年2月号(完売致しました)
 
・巻頭連載 日本の教育文化遺産を訪ねる[50]
 【国指定重要文化財】
       旧富山県立農学校本館「巖浄閣」
・地域特集
   「食」と「農」を学ぶ 
  ―青森県のグリーン・ツーリズム
       受け入れ団体の取り組み―
 ◇青森県におけるグリーンツーリズムの展開と
       教育旅行受け入れの努力について
          財団法人日本修学旅行協会 
              理事長 河上 一雄
 ◇ようこそ、青森県の農山漁村へ
         青森県農林水産部構造政策課
≪受け入れ地からのメッセージ≫
 ◇農業体験修学旅行の取り組みと再出発
   南部町役場農村交流推進課 班長 北上 隆広
 ◇下北のグリーンツーリズム
  自然と歴史を通した体験学習
             下北ふるさと活性協議会 
              事務局長 甲田 紀儀
 ◇かだれ!田舎体験
   ~田舎は最高のエンターティメント~
           七戸町かだれ田舎体験協議会 
               事務局 小林 義和
 ◇十和田で農家体験―心とココロのふれあい
          十和田農業体験連絡協議会
               事務局 柳沼 宗廣
 ◇八戸の郷土料理
  『八戸せんべい汁』から学ぶ地域への想い
     社団法人八戸観光コンベンション協会
           事務局次長 小笠原 慶信
・特集関連 連載地域だより
 ◇りんご王国弘前で彩りあふれる感動体験
    弘前里山ツーリズム 会長 田中 幸樹
 ◇NPO法人くろいし・ふるさと・りんご村
              事務局 古川 裕一
・応援特別企画 東北方面修学旅行実践レポート
     〈 大阪府立吹田高等学校 〉
・佐 渡 世界農業遺産認定記念情報②
 佐渡地区農山漁村体験推進協議会
 
 
 
2012年3月号
2012年3月号
 
・巻頭連載 日本の教育文化遺産を訪ねる[51]
 【国指定重要文化財】旧東京医学校本館
 
・特集Ⅰ第6回
 日中韓青少年教育観光フォーラムに参加して
 東京都立荻窪高等学校長
       岩田 秀彦
・特集Ⅱ 史跡 生野銀山への旅
          ――1200年の歴史とロマン
 株式会社シルバー生野
 取締役社長 粟屋 勝之
・特集Ⅲ 体験学習の手引き
      里山で なりわいの体験を
           地域文化研究会長 河上 一雄
・連載 地域だより
    北九州だからできる!北九州でしかできない!
         環境修学旅行のススメ
     北九州市産業経済局観光・コンベンション課
          環境観光担当課長 上田 ゆかり
・連載 おすすめ産業観光体験
     「おいしさ、そして、いのちへ。」
    味の素(株)の工場見学
   〈 味の素株式会社広報部企画グループ 〉
・第7回 JTB交流文化賞 受賞作品決定
・佐 渡 世界農業遺産認定記念情報―③最終回
          佐渡地区農山漁村体験推進協議会
 
 
 
2012年4月号
2012年4月号

・巻頭連載 日本の教育文化遺産を訪ねる[52]
  【博物館相当施設】會津藩校日新館
・地域特集  墨田区の教育旅行受け入れの取り組み
  ◇「本物が生きる街」墨田区へようこそ!
            一般社団法人墨田区観光協会
                理事長 阿部 貴明
  ◇修学旅行の受け入れ体制について
            一般社団法人墨田区観光協会
           旅行企画担当課長 岩井 利造
  ◇東京スカイツリーRオープン直前情報
          東武タワースカイツリー株式会社
               広報宣伝部 豊島 翔
  ◇墨田区の伝統工芸について
               墨田区伝統工芸保存会
                 会長 塚田 詠春
・連載 地域だより
    山と川が学校!
      今こそ里山の教育力を子どもたちに!
     郡上八幡・山と川の学校 校長 三島  真
・連載 おすすめ産業観光体験
      ことでん近代化産業遺産
    〈 高松琴平電気鉄道株式会社 〉
 
 
 
2012年5月号
2012年5月号

・巻頭連載 日本の教育文化遺産を訪ねる[53]
 【山口県指定有形文化財】岩国学校教育資料館
・グラビア特集
   感動と体験のウォーターフロント 浦安
  ◇水辺で輝く浦安の観光まちづくり
              浦安市長 松崎 秀樹
  ◇浦安の街で、海で、空で、五感をはぐくむ試み
    一般社団法人浦安観光コンベンション協会
                 会長 柳内 光子
  ◇浦安の教育旅行ホテルDATA
・連載 地域だより
   ものづくりの原点を学ぶたたら体験活動の提案
        神話とたたらの里 奥出雲町
    奥出雲町神話とたたらの里推進室長 尾方 豊
・連載 おすすめ産業観光体験
       重要文化財「豊稔池堰堤」
  ~我が国最初期のマルチプルアーチ式
 コンクリート造堰堤~
       〈 香川県観音寺市 〉
 
 
 
2012年6月号
2012年6月号
 
・巻頭連載 日本の教育文化遺産を訪ねる[54] 
  【大阪市指定有形文化財・経済産業省近代産業遺産】
   大阪市立工芸高等学校本館(大阪市立工芸学校)
・地域特集
   青銅 鐵 銀のクニ
    出雲と石見をめぐる
・連載 地域だより
   伝えたい、しまねの「宝」!
    ~心を揺さぶる魅惑の郷土芸能「石見神楽」~
     石見観光振興協議会・石見神楽振興スタッフ
                    惠木 勇也
・連載 おすすめ産業観光体験
      伝統石材  来 待 石
   〈モニュメント・ミュージアム来待ストーン〉
・連載ワクワク博物館めぐり―第108回
     〈島根県立三瓶自然館〉
 
 
 
2012年7月号
2012年7月号

・巻頭連載 日本の教育文化遺産を訪ねる[55]
     【国指定史跡】旧 文 武 学 校
・地域特集 
 子どもたちが笑顔になる、地域が元気になる
       胎内市農泊体験の取り組み
・ふるさと胎内で、地域を元気に
      新潟県胎内市 農林水産課長 高橋 晃
・私たち農家が伝えたいこと
        たいない自然学校代表 佐藤 陽志
・胎内アウレッツ館
            新潟県胎内市 農林水産課
            農村交流係 主任 箙 活則
・連載 地域だより
   体感! 錦川清流物語 やましろ地域
            岩国市錦総合支所地域振興課
             地域振興班長 三浦 成寿
・連載 おすすめ産業観光
   世界遺産を目指す、明治の近代港湾都市
         三 角 西 港
              〈熊本県・宇城市〉
・連載 博物館・美術館・水族館へ行こう
   ワクワク博物館
     〈 太宰治記念館「斜陽館」 〉
 
 
 
2012年8月号
2012年8月号

・巻頭連載 日本の教育文化遺産を訪ねる[56]
     【国指定史跡】史跡足利学校
・特集 
 子ども農山漁村交流プロジェクトの現状と課題
  1.子ども農山漁村交流プロジェクトの現状
           ならびにその課題と問題
    子ども農山漁村交流プロジェクト研究会会長
       横浜教師塾 主宰 松永 昌幸
  2.農山村の暮らし体験で訪れた生徒と受入れ
    民泊家庭が共通体験を通してお互い心高める        
      「そらの郷山里物語」
    一般社団法人そらの郷事務局長 三木 信行
  3.南島原市にとっての
    「子ども農山漁村交流プロジェクト」
    南島原ひまわり観光協会会長 楠田 喜熊
  4.「子ども農山漁村交流プロジェクト安全管理
    マニュアル作成のポイント」の作成にあたり
    子ども農山漁村交流プロジェクト研究会
    事務局長(社団法人全国農協観光協会子ど
    も交流プロジェクト事務局長)出口 高靖
・連載 地域だより
   体と心で感じる ~萩市体験型教育旅行~
         萩市総合政策部地域政策調整課
               主任 白神 英志
・連載 おすすめ産業観光
   重要文化財 四日市旧港港湾施設
   ~日本の近代化を支えた明治の四日市港~
       〈 三重県・四日市市 〉
・連載 博物館・美術館・水族館へ行こう
   ワクワク博物館
    〈 東海大学海洋科学博物館 〉
 
 
 
2012年9月号
2012年9月号 (完売致しました)
 
・巻頭連載 日本の教育文化遺産を訪ねる[57]
【国指定重要文化財】旧遷喬尋常小学校校舎
・グラビア特集 
晴れの国・岡山の瀬戸内で、
学びと体験を
・岡山県からのメッセージ
体験・発見・感動!!
「晴れの国 岡山へ教育旅行」
岡山県教育旅行誘致推進協議会
会長 臼井 正一郎
・グラビア関連連載 地域だより
協働型観光地づくりを目指して
ふるさと夢体験を通して大切にしたいもの
吉備中央町観光協会 会長 草地 博
・グラビア関連連載 おすすめ産業観光
『バイオマスタウン真庭』の推進
―「バイオマスツアー真庭」の運営を基盤に
教育旅行への発展―
環境学習ができる真庭市へ向けて
〈 社団法人真庭観光連盟・岡山県 〉
・グラビア関連連載 
博物館・美術館・水族館へ行こう
ワクワク博物館
    〈 つやま自然のふしぎ館 〉
 
 
 
2012年10月号
2012年10月号

・巻頭連載 日本の教育文化遺産を訪ねる[58]
  【登録文化財・経済産業省近代化産業遺産】
      信州大学繊維学部講堂
・特集 北陸新幹線開業前の各地の取り組み
 1.ただいま開発中!
  (社)黒部・宇奈月温泉観光局    
   戦略推進プロデューサー米田 泰弘
 2.修学旅行を支援します。
   富山市商工労働部観光推進課長
              山口 忠司
 3.高岡ものづくり紀行
   ~ふれあう伝統と文化のまち~
     高岡市産業振興部観光交流課
           主幹 大窪 慶子
 4.資源の共有で新幹線の開業効果を最大限に
   ――飯山駅を中心に信越境の
    9市町村が観光で広域連携――
    飯山市経済部広域観光推進室長
              石田 一彦
 5.ようこそ 新潟県上越市・十日町市へ
   越後田舎体験のススメ
      上越市産業観光部観光振興課
           主任 鷲津 史也
 6.世界ジオパークのまち「糸魚川」
   四億年の大地の歴史とフォッサマグナ
   ヒスイ文化に学ぶ体験教育
       糸魚川市産業部交流観光課
           課長 滝川 一夫
 7.教育旅行誘致に向けた金沢市の取り組み
   金沢市経済局営業戦略部観光交流課
           主事 坂本 彩香
 
 
 
2012年11月号
2012年11月号

・巻頭連載 日本の教育文化遺産を訪ねる[59]
 【国登録有形文化財】白雲館(旧八幡東学校)
・特集 創立60周年記念
 第8回教育旅行シンポジウム
 「修学旅行を中心とした教育旅行の回顧と展望」
       主催 財団法人日本修学旅行協会
・連載 東京散歩―第82回
    西武新宿線を歩く②
     ~西武新宿から新井薬師まで~
       東京都歴史教育研究会 大西孝明
          (都立稔ヶ丘高等学校 教諭)
 
 
 
2012年12月号
2012年12月号

・巻頭連載 日本の教育文化遺産を訪ねる[60]
 【登録有形文化財】小浜市立小浜中学校 洗心館
       (旧福井県立小浜尋常中学校図書館)
・グラビア特集 
    緑と群青の教室
      若 狭 路 で 生 き る 力 を 培 う
・グラビア関連【特集】
    ふ れ あ い 体 験 若 狭 路
        福井県嶺南振興局長 五十嵐 嘉也
・グラビア関連【連載 教育旅行研究】
  日本の食文化、伝統文化を学ぶ修学旅行
    ~3年間を通した体験活動~
      川崎市立向丘中学校 教諭 土井 正人
・グラビア関連【連載 地域だより】
 若狭湾岸の歴史をたどり、都の北の文化を探ろう!
   ――若狭歴史民俗資料館の取りくみ――
    福井県立若狭民俗資料館 館長 芝田 寿朗
・グラビア関連【連載 おすすめ産業観光体験】
 都市からの若者の就農・定住を促進し、
 集落を活性化する かみなか農楽舎の取り組み
      〈農業生産法人有限会社かみなか農楽舎〉
・グラビア関連【連載 博物館・美術館・
      水族館へ行こうワクワク博物館めぐり】
       〈若狭三方縄文博物館〉
 
 
当サイト内の画像・文章等の無断転載を禁じます。