本文へ移動

月刊誌「教育旅行」 ~唯一の教育旅行専門誌~

月刊誌「教育旅行」のご案内

A5判・36ページ
毎月1日発行
482円(税込)
*書店販売は行っておりません。直接、当協会にお申込みください

バックナンバーのご案内はこちらから

定期購読・バックナンバー購入・見本請求のご案内はこちらから

毎月の特集と連載について

 特集 
 特にこの10年間のテーマは「生きる力」の育成につながる体験的な学習活動、グリーンツーリズム、民泊と民宿、産業観光、街並保存、環境学習、キャリア教育、次世代エネルギー、訪日教育旅行、危機管理などさまざまなジャンルを積極的に取り上げ、教育旅行の課題や問題点を掘り下げて新しい風を入れて参りました。
 また、児童・生徒を受け入れる地域の教育旅行誘致による活性化を目指し、カラーグラビア特集を年3回掲載し好評を得ています。
■2021年の特集テーマ
  • 1月号 歴史を感じる“まち”で伝統工芸にチャレンジ!
  • 2月号 「道央・道北」で創る新しい教育旅行
  • 3月号 東日本大震災から10年 東北各県の新しい教育旅行プログラム
  • 4月号 “まんが・アニメ”から学ぶ日本の現代文化
■2020年の特集テーマ
  • 1月号  伝統工芸を体験しよう!
  • 2月号  ジオパークでの教育旅行プログラム
  • 3月号  グラビア特集:教育旅行は広島が「ええじゃん!」
  • 4月号  産業遺産で学ぶ近代日本の歩み
  • 5月号  修学旅行先としての「奈良」最新情報
  • 6月号  (続)教育旅行におけるリスクマネジメントと安全対策
  • 7月号  グラビア特集:「平和の郷」ブルネイでの教育旅行
  • 8月号  教育旅行における新たな平和学習
  • 9月号  野外アクティビティで大自然を体感しよう!
  • 10月号 教育旅行を支える側から見た“教育旅行”
  • 11月号 続・産業観光と教育旅行
  • 12月号 グラビア特集:かがやきの先の「敦賀・若狭」で学びの旅を!!

 巻頭連載 もう一度訪ねたい日本の遺跡
 ユネスコ世界文化遺産登録が間近の「北海道・北東北の縄文遺跡群」が話題になるなど、「遺跡」の価値が見直されています。近年では、古代人体験やデジタル機器の活用など、各施設が工夫をこらした展示を行っていることもあり、児童・生徒にとっても身近な存在になりつつあります。
 「過去からの贈り物」である日本全国の遺跡を、いま改めて訪ねてみませんか。
ひしゃくで潮をまく塩浜作業体験(三田尻塩田記念産業公園)
ひしゃくで潮をまく塩浜作業体験(三田尻塩田記念産業公園)
 連載 教育旅行研究
 全国の中学校や高等学校を中心に、修学旅行を中心とした国内外の教育旅行実践例や中高一貫校やスーパー・サイエンス・ハイスク ールなども含め、さまざまな学校の教育旅行への取り組みを紹介しています。
 また海外教育旅行は、新たなディスティネーションの開発や国際交流の促進に役立つ記事としてご活用ください。
 
 連載 再発見!!日本の産業とモノづくり
 産業観光は教育活動と深いかかわりをもつ活動と捉え、モノづくりの現場や近代の日本を支えた産業遺産や遺構などの見学や体験を通じた学習効果は大きいと期待されています。このコーナーは各地域の産業観光の取り組みを教育旅行という観点で紹介したもので、教育旅行の行先選定また班別研修などの一助としてご活用ください。
 
宮古島のお母さんと食事づくり(一般社団法人宮古島観光協会)
宮古島のお母さんと食事づくり(一般社団法人宮古島観光協会)
 連載 ミュージアムに行こう!
 修学旅行や移動教室など、児童・生徒が訪れる博物館・美術館等を紹介しています。ここでは、規模の大・小にとらわれず明確なミッションのもと、特色ある常設展示や教育旅行支援プログラムの開発などに積極的に取り組む博物館等を取り上げています。
 特に近年は企業博物館も積極的に取り上げ、また博物館ならではの体験活動も紹介しています。
 連載 地域だより
 今、多くの地域で特色ある学習素材を活かして教育旅行を誘致する活動が活発におこなわれ、地域の活性化と振興を図ろうとしています。
 その動向や特色ある活動を広く学校に伝えるとともに、受け入れにかかわる問題や課題をどう共有し解決して行くかを考えてみるコーナーです。
連載 銅像に逢いに行こう!
 街中や公園などでよく見かける銅像には、その地の歴史や文化を象徴した人物が選ばれています。その背景を知ることは、銅像に選ばれた人物の意外な一面を知ることができるだけでなく、まちの歴史やそこに住む人々の思いも浮かび上がってきます。
 観光教育の第一人者、玉川大学教授・寺本潔先生による、銅像から解き明かすユニークなまち歩きガイド。
 

最新号:5月号のご案内 No.780

表紙写真 ユニセフハウスの展示スペースで「子どもの権利条約」に見入る生徒たち(写真提供:(公財)日本ユニセフ協会)

巻頭連載 もう一度訪ねたい日本の遺跡[5] 池上曽根遺跡(大阪府泉大津市・和泉市)

特集:教育旅行で学ぶ「人権」と「共生」
特集のねらい 今、学校には、生徒を「人間の尊厳と平等」への理解を深め、「差別のないよりよい社会」、多様な人々と「共に生きる社会」を築いていくことができる資質・能力をもった人間に育てることが強く求められている。そこで今号では、「人権と共生」について、事実を通して学ぶことのできる施設やそのプログラムを紹介していただくこととした。
  • ウポポイで学ぶ先住民族アイヌの歩み(国立アイヌ民族博物館 研究員 関口 由彦)
  • 障がい者スポーツ体験から障がいと障がい者の環境を学ぶ(わくわく創造グループ 特定非営利活動法人あ・りーさだ 代表幹事 正木 英之)
  • 世界の仲間たちへの共感を育み、だれも取り残さない世界を目指すために(公益財団法人日本ユニセフ協会 学校事業部 副部長 鈴木 有紀子)
  • 「人の世に熱あれ、人間に光あれ」水平社博物館設立と人権教育について(水平社博物館 学芸員 佐々木 健太郎)
  • 長島愛生園でのハンセン病学習(長島愛生園歴史館 主任学芸員 田村 朋久)
  • 日本の公害の原点・水俣病(水俣市立水俣病資料館 館長 上田 敬祐)
  • 台湾の国家人権博物館で学ぶ国を超えた人権の価値(大妻女子大学准教授・SNET台湾共同代表 赤松 美和子)

連載 教育旅行研究 偏見・差別の歴史を風化させないために~未来を担うこどもたちに託す~(神奈川県 逗子開成中学校・高等学校 教諭 三林 曜子)

連載 地域だより 魚沼市での体験型教育旅行の魅力(一般財団法人魚沼市地域づくり振興公社 事務局長 梅井 雅行)

連載 銅像に逢いに行こう![5] 京都の水運を拓いた角倉了以と荒廃した京都府を救った田邉朔郎の銅像(玉川大学教育学部教授 寺本 潔)

連載 ミュージアムに行こう! オリンパスミュージジアム

記事広告 うみ・ふね・まち~みなと横浜のおなはし~① 帆船日本丸と旧横浜船渠第1号ドック(横浜みなと博物館 学芸員 三木 綾)

動画視聴レポート 山の中の海軍の町・熊本県錦町の「にしき ひみつ基地ミュージアム」((公財)日本修学旅行協会 理事長 竹内 秀一)

インフォメーション
  • はとバスは「安全・安心」をモットーに発進します!
  • 東日本大震災から10年 福島のこれまで、今、未来を学べる「コミュタン福島」
  • 展覧会史上初!全4巻全場面を一挙公開! 特別展「国宝 鳥獣戯画のすべて」東京国立博物館 平成館

賛助会員だより
  • 東武タワースカイツリー(株)

協会だより
  • 倉庫に眠っていた「ひので」号のヘッドマーク

バックナンバー

過去の月刊誌についてはこちらをご覧ください。
3
7
6
7
0
2
Counter Start 2013.4.1
TOPへ戻る