本文へ移動

月刊「教育旅行」~唯一の教育旅行専門誌~

月刊誌「教育旅行」のご案内

A4判・36ページ
毎月1日発行
482円(税込)
*書店販売は行っておりません。直接、当協会にお申込みください

バックナンバーのご案内はこちらから

  定期購読・バックナンバー購入・見本請求のご案内はこちらから

デジタル版のご案内はこちらから

毎月の特集と連載について

 特集 
 最近のテーマは、「持続可能な社会の担い手」の育成につながる体験的な学習活動、SDGs、グリーン・ツーリズム、農山漁村体験・民泊、産業観光、環境学習、平和学習、キャリア教育、防災・減災学習、観光教育など、さまざまなジャンルを積極的に取り上げ、教育旅行の課題や今後のあり方などを提案しています。
 また、児童・生徒を受け入れる地域の教育旅行誘致による活性化を目指し、カラーグラビア特集を年3回掲載し好評を得ています。

■2022年の特集テーマ
  • 1月号 博物館からはじまる教育旅行での探究学習
  • 2月号 探究的な学びにつながる「観光教育」
  • 3月号 グラビア特集:おいないさぁ!「常若」の伊勢志摩へ
  • 4月号 第16回教育旅行シンポジウム 教育旅行と産業観光
  • 5月号 九州7県オススメの教育旅行プログラム
  • 6月号 城下町を歩いて学ぶ持続可能な「まちづくり」
  • 7月号 このプログラムでSDGsを学ぼう!
  • 8月号 探究的に学ぶ「平和学習」プログラム
  • 9月号 グラビア特集:「ひがし北海道」の大自然から学ぼう!
  • 10月号 教育旅行におけるバリアフリーとユニバーサルデザイン
  • 11月号 農山漁村での教育旅行向け体験プログラム
 巻頭連載 もう一度訪ねたい日本の遺跡
 ユネスコ世界文化遺産に登録された「北海道・北東北の縄文遺跡群」が話題になるなど、「遺跡」の価値が見直されています。近年では、古代人体験やデジタル機器の活用など、各施設が工夫をこらした展示を行っていることもあり、児童・生徒にとっても身近な存在になりつつあります。
 「過去からの贈り物」である日本全国の遺跡を、いま改めて訪ねてみませんか。
ひしゃくで潮をまく塩浜作業体験(三田尻塩田記念産業公園)
ひしゃくで潮をまく塩浜作業体験(三田尻塩田記念産業公園)
 連載 教育旅行研究
 全国の中学校や高等学校を中心に、修学旅行を中心とした国内外の教育旅行実践例や中高一貫校やスーパー・サイエンス・ハイスク ールなども含め、さまざまな学校の教育旅行への取り組みを紹介しています。
 また海外教育旅行は、新たなディスティネーションの開発や国際交流の促進に役立つ記事としてご活用ください。
 
 連載 再発見!!日本の産業とモノづくり
 産業観光は教育活動と深いかかわりをもつ活動と捉え、モノづくりの現場や近代の日本を支えた産業遺産や遺構などの見学や体験を通じた学習効果は大きいと期待されています。このコーナーは各地域の産業観光の取り組みを教育旅行という観点で紹介したもので、教育旅行の行先選定また班別研修などの一助としてご活用ください。
 
宮古島のお母さんと食事づくり(一般社団法人宮古島観光協会)
宮古島のお母さんと食事づくり(一般社団法人宮古島観光協会)
 連載 ミュージアムに行こう!
 修学旅行や移動教室など、児童・生徒が訪れる博物館・美術館等を紹介しています。ここでは、規模の大・小にとらわれず明確なミッションのもと、特色ある常設展示や教育旅行支援プログラムの開発などに積極的に取り組む博物館等を取り上げています。
 特に近年は企業博物館も積極的に取り上げ、また博物館ならではの体験活動も紹介しています。
 連載 地域だより
 今、多くの地域で特色ある学習素材を活かして教育旅行を誘致する活動が活発におこなわれ、地域の活性化と振興を図ろうとしています。
 その動向や特色ある活動を広く学校に伝えるとともに、受け入れにかかわる問題や課題をどう共有し解決して行くかを考えてみるコーナーです。
連載 銅像に逢いに行こう!
 街中や公園などでよく見かける銅像には、その地の歴史や文化を象徴した人物が選ばれています。その背景を知ることは、銅像に選ばれた人物の意外な一面を知ることができるだけでなく、まちの歴史やそこに住む人々の思いも浮かび上がってきます。
 観光教育の第一人者、玉川大学名誉教授・寺本潔先生による、銅像から解き明かすユニークなまち歩きガイド。
 

最新号:11月号のご案内 No.798

デジタル版のご案内はこちらから

表紙写真 宮城県南三陸町での漁業体験(写真提供:東京都 練馬区立開進第二中学校)

巻頭連載 もう一度訪ねたい日本の遺跡[23]  元寇防塁(福岡県福岡市)

特集 農山漁村での教育旅行向け体験プログラム
特集のねらい コロナ禍で、現在、ほとんど実施できなくなっている農山漁村での民泊や暮らし体験・生業体験ですが、学校のニーズは依然高いものがあります。農山漁村での体験活動は、都会の生徒にとっては「非日常」そのものといえる貴重な機会です。そこで今回は、泊を伴わずに教育旅行で実施できる農山漁村の体験プログラムを紹介していただきました。
  • 北海道:地域内連携による新たな農村体験プログラムの可能性(有限会社アグリテック 代表取締役社長 中田 浩康)
  • 岩 手:自然を活用した久慈市の体験型教育旅行「いわて くじし こころの体験」(久慈市産業経済部商工観光課)
  • 新 潟:歴史と文化が香るエコアイランド〝佐渡島〟で体験活動から学ぶ(一般社団法人佐渡観光交流機構 旅行事業部 鈴木 恵美)
  • 福 井:若狭湾の豊かな地域資源を活用した体験・宿泊プログラム(若狭美浜はあとふる体験推進協議会 事務局長 林 正人)
  • 和歌山:南紀州ほんまもん体験(一般社団法人南紀州交流公社 理事長 奥山 沢美)
  • 徳 島:「日本一の田舎」でサスティナブルな体験学習(一般社団法人そらの郷 教育旅行担当課長 前田 志穂)
  • 宮 崎:出逢い・感動・体験・絆が詰まった北きりしま田舎物語の体験(北きりしま田舎物語推進協議会 事務局)

連載 教育旅行研究 「命の尊さ」「自然との共生」「防災」を学ぶ、みちのくの旅(東京都 練馬区立開進第二中学校 主幹教諭 五木田 修)

連載 地域だより 地域に守られ蘇った芝居小屋・八千代座(一般財団法人 山鹿市地域振興公社 文化施設管理係長 石橋 和幸)

連載 銅像に逢いに行こう![23]  大輪田泊(神戸港)を築いた平清盛と海外への移住に旅立つ家族の像(東京成徳大学特任教授・玉川大学名誉教授 寺本 潔)

連載 ミュージアムに行こう! 兵庫県立人と自然の博物館

視察レポート 福岡県のSDGsを中心とする「探究的な学習」のプログラム((公財)日本修学旅行協会 理事長 竹内 秀一、参与 松田 憲一)

記事広告 地元高校生・旅行会社・自治体が連携 修学旅行生向けの新たなフィールドワークの展開 ~北海道旭川市~

インフォメーション
  • 着いた瞬間からそこは英語だけの世界「東京都英語村」プログラム開発者による特別講演会つき内覧会

公益財団法人日本修学旅行協会からのお知らせ
  • 「教育旅行年報データブック2022」の発行と予約特価販売のお知らせ


バックナンバー

過去の月刊誌についてはこちらをご覧ください。
4
9
5
9
7
3
Counter Start 2013.4.1
TOPへ戻る