本文へ移動

月刊誌「教育旅行」 ~唯一の教育旅行専門誌~

月刊誌「教育旅行」のご案内

A5判・36ページ
毎月1日発行
482円(税込)
*書店販売は行っておりません。直接、当協会にお申込みください

バックナンバーのご案内はこちらから

  定期購読・バックナンバー購入・見本請求のご案内はこちらから

デジタル版のご案内はこちらから

毎月の特集と連載について

 特集 
 特にこの10年間のテーマは「生きる力」の育成につながる体験的な学習活動、グリーンツーリズム、民泊と民宿、産業観光、街並保存、環境学習、キャリア教育、次世代エネルギー、訪日教育旅行、危機管理などさまざまなジャンルを積極的に取り上げ、教育旅行の課題や問題点を掘り下げて新しい風を入れて参りました。
 また、児童・生徒を受け入れる地域の教育旅行誘致による活性化を目指し、カラーグラビア特集を年3回掲載し好評を得ています。
■2021年の特集テーマ
  • 1月号 歴史を感じる“まち”で伝統工芸にチャレンジ!
  • 2月号 グラビア特集:「道央・道北」で創る新しい教育旅行
  • 3月号 東日本大震災から10年 東北各県の新しい教育旅行プログラム
  • 4月号 “まんが・アニメ”から学ぶ日本の現代文化
  • 5月号 教育旅行で学ぶ「人権」と「共生」
  • 6月号 グラビア特集:もっとある!! 沖縄の教育旅行プログラム
  • 7月号 SDGsが学べる教育旅行プログラム
  • 8月号 戦争遺跡で考える「戦争と平和」
  • 9月号 教育旅行で学ぶ災害と防災・減災
  • 10月号 グラビア特集:まほろばの大和・奈良
  • 11月号 国内でできる国際交流プログラム
  • 12月号 冬の教育旅行~雪国ならではの体験プログラム~
 巻頭連載 もう一度訪ねたい日本の遺跡
 ユネスコ世界文化遺産登録が間近の「北海道・北東北の縄文遺跡群」が話題になるなど、「遺跡」の価値が見直されています。近年では、古代人体験やデジタル機器の活用など、各施設が工夫をこらした展示を行っていることもあり、児童・生徒にとっても身近な存在になりつつあります。
 「過去からの贈り物」である日本全国の遺跡を、いま改めて訪ねてみませんか。
ひしゃくで潮をまく塩浜作業体験(三田尻塩田記念産業公園)
ひしゃくで潮をまく塩浜作業体験(三田尻塩田記念産業公園)
 連載 教育旅行研究
 全国の中学校や高等学校を中心に、修学旅行を中心とした国内外の教育旅行実践例や中高一貫校やスーパー・サイエンス・ハイスク ールなども含め、さまざまな学校の教育旅行への取り組みを紹介しています。
 また海外教育旅行は、新たなディスティネーションの開発や国際交流の促進に役立つ記事としてご活用ください。
 
 連載 再発見!!日本の産業とモノづくり
 産業観光は教育活動と深いかかわりをもつ活動と捉え、モノづくりの現場や近代の日本を支えた産業遺産や遺構などの見学や体験を通じた学習効果は大きいと期待されています。このコーナーは各地域の産業観光の取り組みを教育旅行という観点で紹介したもので、教育旅行の行先選定また班別研修などの一助としてご活用ください。
 
宮古島のお母さんと食事づくり(一般社団法人宮古島観光協会)
宮古島のお母さんと食事づくり(一般社団法人宮古島観光協会)
 連載 ミュージアムに行こう!
 修学旅行や移動教室など、児童・生徒が訪れる博物館・美術館等を紹介しています。ここでは、規模の大・小にとらわれず明確なミッションのもと、特色ある常設展示や教育旅行支援プログラムの開発などに積極的に取り組む博物館等を取り上げています。
 特に近年は企業博物館も積極的に取り上げ、また博物館ならではの体験活動も紹介しています。
 連載 地域だより
 今、多くの地域で特色ある学習素材を活かして教育旅行を誘致する活動が活発におこなわれ、地域の活性化と振興を図ろうとしています。
 その動向や特色ある活動を広く学校に伝えるとともに、受け入れにかかわる問題や課題をどう共有し解決して行くかを考えてみるコーナーです。
連載 銅像に逢いに行こう!
 街中や公園などでよく見かける銅像には、その地の歴史や文化を象徴した人物が選ばれています。その背景を知ることは、銅像に選ばれた人物の意外な一面を知ることができるだけでなく、まちの歴史やそこに住む人々の思いも浮かび上がってきます。
 観光教育の第一人者、玉川大学教授・寺本潔先生による、銅像から解き明かすユニークなまち歩きガイド。
 

最新号:12月号のご案内 No.787

デジタル版のご案内はこちらから

表紙写真 かまくらにキャンドルを飾る夜のイベント(写真提供:一般社団法人みなかみ町体験旅行)

巻頭連載 もう一度訪ねたい日本の遺跡[12] 西谷墳墓群(島根県出雲市)

特集 冬の教育旅行~雪国ならではの体験プログラム~
特集のねらい 冬季に実施される修学旅行では、スキーやスノーボードなど定番のアクティビティ以外に、積雪地帯でなればできない、例えば「雪国体験」のような「学び」のプログラムを生徒に体験させたいという学校が増えています。そこで今回は、雪国ならではの教育旅行向けプログラムを紹介させていただきました。
  • パウダースノーの北海道でスノーアクティビティ体験(ルスツリゾートアクティビティグループ グループリーダー 遠藤 昌宏)
  • 青森の雪とふれあい、冬を楽しむ教育旅行(青森県観光国際戦略局誘客交流課)
  • 蔵王でのスキー修学旅行と共に、樹氷ができるメカニズムと環境問題を考える(山形県教育旅行誘致協議会 事務局長 齋藤 和敏)
  • 越後の豪雪地・上越市と十日町市の雪国体験「越後田舎体験」(公益財団法人雪だるま財団 理事長 小林 美佐子)
  • 地域の邪魔ものこそが、教育にとって最高の資源 雪を活用した教育旅行プログラム(一般社団法人みなかみ町体験旅行 専務理事 福田 一樹)
  • 北信州・飯山で、雪国文化と豪雪体験(一般社団法人信州いいやま観光局 飯山駅観光交流センター所長(兼)営業企画課課長 柴田 さほり)
  • 木望(きぼう)のまち・福井県池田町における冬の体験プログラムについて(いけだ農村観光協会)

連載 教育旅行研究 新型コロナウイルス感染症に負けず、安心安全に実施できる修学旅行(大阪府 大阪府立槻の木高等学校 教諭 山本 謙太郎)

連載 地域だより 体験活動へのいざない~多様な体験が力に!~(独立行政法人国立青少年教育振興機構 国立妙高青少年自然の家 次長 室井 修一)

連載 銅像に逢いに行こう![12]  関東大震災で亡くなった児童の慰霊と非核の平和を願う3つの像(玉川大学教育学部教授 寺本 潔)

連載 ミュージアムに行こう! 中谷宇吉郎雪の科学館

記事広告 東京ベイ・クルーズレストラン『シンフォニー』~非日常での体験(株式会社シーライン東京)

実施レポート 未来へ向けて成長できるフィールド グローバル・リンク・オンライン2021(Global Link実行委員会日本事務局 小尾 美登里)

記事広告 SDGsアクティブラーニング⑥ 2022年度受入れ開始 宮古島・SDGs水族館サンゴラーニングセンター(エコガイドカフェ 代表 猪澤 也寸志)

インフォメーション
  • 着いた瞬間からそこは英語だけの世界「東京都英語村」説明会 東海地区初開催

公益財団法人日本修学旅行協会からのお知らせ
  • 「教育旅行年報データブック2021」発行のお知らせ
  • 2021年度 第16回教育旅行シンポジウムのご案内


バックナンバー

過去の月刊誌についてはこちらをご覧ください。
4
2
4
6
0
0
Counter Start 2013.4.1
TOPへ戻る