本文へ移動

月刊誌「教育旅行」 ~唯一の教育旅行専門誌~

月刊誌「教育旅行」のご案内

A5判・36ページ
毎月1日発行
482円(税込)
*書店販売は行っておりません。直接、当協会にお申込みください

バックナンバーのご案内はこちらから

  定期購読・バックナンバー購入・見本請求のご案内はこちらから

デジタル版のご案内はこちらから

毎月の特集と連載について

 特集 
 特にこの10年間のテーマは「生きる力」の育成につながる体験的な学習活動、グリーンツーリズム、民泊と民宿、産業観光、街並保存、環境学習、キャリア教育、次世代エネルギー、訪日教育旅行、危機管理などさまざまなジャンルを積極的に取り上げ、教育旅行の課題や問題点を掘り下げて新しい風を入れて参りました。
 また、児童・生徒を受け入れる地域の教育旅行誘致による活性化を目指し、カラーグラビア特集を年3回掲載し好評を得ています。
■2021年の特集テーマ
  • 1月号 歴史を感じる“まち”で伝統工芸にチャレンジ!
  • 2月号 グラビア特集:「道央・道北」で創る新しい教育旅行
  • 3月号 東日本大震災から10年 東北各県の新しい教育旅行プログラム
  • 4月号 “まんが・アニメ”から学ぶ日本の現代文化
  • 5月号 教育旅行で学ぶ「人権」と「共生」
  • 6月号 グラビア特集:もっとある!! 沖縄の教育旅行プログラム
  • 7月号 SDGsが学べる教育旅行プログラム
■2020年の特集テーマ
  • 1月号  伝統工芸を体験しよう!
  • 2月号  ジオパークでの教育旅行プログラム
  • 3月号  グラビア特集:教育旅行は広島が「ええじゃん!」
  • 4月号  産業遺産で学ぶ近代日本の歩み
  • 5月号  修学旅行先としての「奈良」最新情報
  • 6月号  (続)教育旅行におけるリスクマネジメントと安全対策
  • 7月号  グラビア特集:「平和の郷」ブルネイでの教育旅行
  • 8月号  教育旅行における新たな平和学習
  • 9月号  野外アクティビティで大自然を体感しよう!
  • 10月号 教育旅行を支える側から見た“教育旅行”
  • 11月号 続・産業観光と教育旅行
  • 12月号 グラビア特集:かがやきの先の「敦賀・若狭」で学びの旅を!!

 巻頭連載 もう一度訪ねたい日本の遺跡
 ユネスコ世界文化遺産登録が間近の「北海道・北東北の縄文遺跡群」が話題になるなど、「遺跡」の価値が見直されています。近年では、古代人体験やデジタル機器の活用など、各施設が工夫をこらした展示を行っていることもあり、児童・生徒にとっても身近な存在になりつつあります。
 「過去からの贈り物」である日本全国の遺跡を、いま改めて訪ねてみませんか。
ひしゃくで潮をまく塩浜作業体験(三田尻塩田記念産業公園)
ひしゃくで潮をまく塩浜作業体験(三田尻塩田記念産業公園)
 連載 教育旅行研究
 全国の中学校や高等学校を中心に、修学旅行を中心とした国内外の教育旅行実践例や中高一貫校やスーパー・サイエンス・ハイスク ールなども含め、さまざまな学校の教育旅行への取り組みを紹介しています。
 また海外教育旅行は、新たなディスティネーションの開発や国際交流の促進に役立つ記事としてご活用ください。
 
 連載 再発見!!日本の産業とモノづくり
 産業観光は教育活動と深いかかわりをもつ活動と捉え、モノづくりの現場や近代の日本を支えた産業遺産や遺構などの見学や体験を通じた学習効果は大きいと期待されています。このコーナーは各地域の産業観光の取り組みを教育旅行という観点で紹介したもので、教育旅行の行先選定また班別研修などの一助としてご活用ください。
 
宮古島のお母さんと食事づくり(一般社団法人宮古島観光協会)
宮古島のお母さんと食事づくり(一般社団法人宮古島観光協会)
 連載 ミュージアムに行こう!
 修学旅行や移動教室など、児童・生徒が訪れる博物館・美術館等を紹介しています。ここでは、規模の大・小にとらわれず明確なミッションのもと、特色ある常設展示や教育旅行支援プログラムの開発などに積極的に取り組む博物館等を取り上げています。
 特に近年は企業博物館も積極的に取り上げ、また博物館ならではの体験活動も紹介しています。
 連載 地域だより
 今、多くの地域で特色ある学習素材を活かして教育旅行を誘致する活動が活発におこなわれ、地域の活性化と振興を図ろうとしています。
 その動向や特色ある活動を広く学校に伝えるとともに、受け入れにかかわる問題や課題をどう共有し解決して行くかを考えてみるコーナーです。
連載 銅像に逢いに行こう!
 街中や公園などでよく見かける銅像には、その地の歴史や文化を象徴した人物が選ばれています。その背景を知ることは、銅像に選ばれた人物の意外な一面を知ることができるだけでなく、まちの歴史やそこに住む人々の思いも浮かび上がってきます。
 観光教育の第一人者、玉川大学教授・寺本潔先生による、銅像から解き明かすユニークなまち歩きガイド。
 

最新号:8月号のご案内 No.783

表紙写真 地下軍事施設を巡るガイドツアー(写真提供:にしきひみつ基地ミュージアム)

巻頭連載 もう一度訪ねたい日本の遺跡[8] 大野城跡(福岡県糟屋郡宇美町)

特集:戦争遺跡で考える「戦争と平和」
特集のねらい どの教科・科目にも「平和学習」という単元はない。戦争体験者が年々少なくなり、生徒がそうした方々から戦争の話を聴くことも難しくなっている。が、戦争の遺跡は今も全国各地に残されている。ならばそこに行き、それを見ることで戦争について学び、平和について考えてほしい。そうした思いから今号の特集を組んでみた。
  • 平和・交流・共生を学ぶ「館山まるごと博物館」(NPO法人安房文化遺産フォーラム 共同代表 池田 恵美子)
  • 大阪空襲から平和を考えるピースおおさかでの平和学習(ピースおおさか(公益財団法人大阪国際平和センター) 主任専門職員 駒井 詩子)
  • 鶉野飛行場跡の戦争遺跡をめぐる平和学習プログラム(加西市ふるさと創造部鶉野未来課 学芸員 森 幸三)
  • 「加害と被害」軍都広島の被爆建物(広島市経済観光局観光政策部 観光プロモーション担当課長 山口 芳明)
  • 「毒ガスの島」・「うさぎの島」で戦争と平和を学ぶ(竹原市役所市民福祉部市民課 生活環境係)
  • 被爆都市・長崎から学ぶこれからの平和(一般社団法人長崎国際観光コンベンション協会 地域開発・事業推進部 修学旅行ガイド課 村川 ありす)
  • 特別寄稿 戦跡学習をより豊かなものに~事前学習との関連をどう作るか(沖縄ピースリンクプロジェクト/琉球大学教育学部准教授 北上田 源)

連載 教育旅行研究 平和学習の集大成として被爆地・広島を訪れる~つなげ・平和のバトン・後世へ~(神奈川県 川崎市立南大師中学校 校長 望月 貴司)

連載 地域だより 糸魚川の大地から未来へ希望を持って進もう(一般社団法人糸魚川市観光協会 事務局長 佐々木 繁雄)

連載 銅像に逢いに行こう![8] 観光県宮崎を導いた岩切章太郎と関税自主権の回復を遂げた小村寿太郎(玉川大学教育学部教授 寺本 潔)

連載 ミュージアムに行こう! 回天記念館

視察レポート 東京・飛鳥山で渋沢栄一を学ぶ((公財)日本修学旅行協会 理事長 竹内 秀一)

インフォメーション
  • 東京23区で初の大河ドラマ館 「渋沢×北区 青天を衝け 大河ドラマ館」
  • 体験型英語学習施設『東京都英語村』教職員向け無料体験会実施 8月はSDGsのプログラム体験
  • 「横浜SDGs探究学習ガイド」で探究型のSDGs学習をサポートします
  • 日本初、世界最新の都市型循環式ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)」
  • 愛知県美術館 特別展「ジブリの大博覧会~ジブリパーク、開園まであと1年。~」
  • 百舌鳥古墳群ビジターセンターが堺市の大仙公園内にオープン

公益財団法人日本修学旅行協会からのお知らせ
月刊誌「教育旅行」デジタル版配信開始/「教育旅行年報データブック2020」


バックナンバー

過去の月刊誌についてはこちらをご覧ください。
3
9
3
0
9
5
Counter Start 2013.4.1
TOPへ戻る