本文へ移動

理事長挨拶

理事長顔写真

                     ご あ い さ つ

 

公益財団法人日本修学旅行協会
  理事長  竹内 秀一

本修学旅行協会は、平成25(2013)年4月より公益財団法人としての歩みをはじめました。当協会が担っております公益事業は、お蔭さまで、滞ることなく順調に行われております。

当協会は、今年度も引き続き、教育旅行の発展とそれによる地域の振興や活性化を一層進めていくとともに、広く社会に貢献すべく尽力したいと考えておりますので、これまで同様、皆様のご指導とご支援をよろしくお願い申し上げます。

当協会では、教育旅行を、学習指導要領において「旅行・集団宿泊的行事」として位置づけられている学校の教育活動のうち、修学旅行を主とするものであるととらえています。日本の優れた教育文化として定着しております修学旅行は、生徒たちが「平素と異なる生活環境にあって、見聞を広め、自然や文化などに親しむ」とともに「集団生活の在り方や公衆道徳などについての体験を積む」うえでの実際的な機会として貴重であり、社会のグローバル化に対応する国際理解や国際交流の促進にも大きな役割を果たしています。

修学旅行を主とする教育旅行のさらなる充実と発展を図るため、当協会では、学校教育により「持続可能な社会の創り手」を育てるという新学習指導要領の主旨を踏まえ、農山漁村での体験的な活動やキャリア教育にもつながる産業観光、被災地の経験から学ぶ震災・防災学習、地球規模で自然や環境・人々の暮らしを考えるジオツーリズム、SDGsに関わる地域の取組など、新たな分野も積極的に取り上げていきたいと考えています。また、海外修学旅行の発展を期してアジアや北米、オセアニア地域の国々における教育旅行の適地を紹介し、あわせて訪日旅行の受け入れについても積極的に取り組んでいくつもりです。

具体的には、当協会発行の月刊誌「教育旅行」や教育旅行年報「データブック」で修学旅行を主とする教育旅行の動向や実態、優れた実践例や教育旅行の適地などに関する情報を発信するとともに、シンポジウムで教育旅行の課題やあり方について議論し、また、各種セミナーなどを通して教育旅行誘致による地域の振興にも資するように努めていきます。

日本修学旅行協会は、時代のニーズと学校教育の動向を踏まえ、国内外の教育旅行の一層の発展を図るとともに地域振興にも貢献するべく事業を進めてまいりますので、皆様のご指導ご鞭撻を重ねてお願い申し上げます。

   なお、当協会の大阪事務所は昨年度をもって活動を終了し、閉所いたしました。これまでご支援いただきました関係の皆様には、心から感謝申し上げます。大阪事務所が所管しておりました継続中の事業につきましては、今年度より東京本部および名古屋事務所が行ってまいりますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

各種メディアへの掲載等

・2020 9 21 日本教育新聞社「教育旅行特集」

「学びの旅」の価値を高める

 現今のコロナ禍において、修学旅行を取り止めた教育委員会や学校が少なからずある一方、さまざまな工夫をして実施に踏み切った学校も多い。これまでも学校は、インフルエンザやノロウイルスといった感染症への備えを十分に行った上で修学旅行を実施してきた。今後も生徒の安全・安心の確保を第一に、旅行実施の際には「三密」状態をできる限り避けるなど、新型コロナウイルス対策を徹底していく必要があるが、併せて、これを機に「学びの旅」であるという修学旅行の基本に立ち返り、その在り方を見直してみるのもよいのではないか。
 その際には、新学習指導要領にいう「主体的・対話的で深い学び」を意識したい。「深い学び」とは「探究的な学び」に他ならない。高等学校に「○○探究」と名付けられた科目が新設されたのは、その表れであるといえる。当然、修学旅行にもその実践が求められる。
 ただし修学旅行では、多くの学校がその行程の中に、生徒自身がテーマを設定、訪問先やコースを決めて活動し、事後に成果を発表するという「探究」といってよい学びをすでに取り入れている。それをさらに深化させるには、例えば、学年全体が同じところに行き同じ活動をする、といった従来のかたちにとらわれず、クラス別やコース別など複数のコースに分かれる分散型方式をとることが考えられる。こうすることで大集団というスケールデメリットが回避され、訪問先の選択肢が増えて生徒の探究学習をより円滑に進めることができる。分散型には「密集」のリスクを減らす効果もある。
 はじめに旅行先ありきでなく、生徒が設定した課題を踏まえ、その解決に資することのできる活動形態や旅行先を考えていくことが「探究型」の修学旅行にとって必要なことではないか。また、修学旅行を単体の行事とせず、教科の学習や「総合的な探究(学習)の時間」などと緊密に連携させ、それらの学習の中から課題を見いだし、逆に修学旅行での成果をそれらの学習に生かしていくことも重要である。
 「平素と異なる生活環境」にある修学旅行で、リアルな体験を通して学ぶことの意義はバーチャルとは比較にならない。このかけがえのない学びの機会の価値をさらに高めていくことが、これからの修学旅行に何よりも大切であると考える。

学校再開に向けて

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面的に解除され、臨時休校していた学校が再開されることとなりました。学校は、休校による授業の遅れを補うため夏休みの短縮や7時間目の授業など、様々な工夫を行っています。なかでも学校行事のうち「運動会や文化祭、学習発表会、修学旅行など」については、文科省からの通知「新型コロナウイルス感染症対策としての学校の臨時休業に係る学校運営上の工夫について」(令和2年5月1日)で「感染の可能性が高い学習活動」とされ、授業時間の確保ということもあって、すでに運動会・体育祭や学芸発表会などを取り止めた学校も多くあります。ただし、修学旅行については、「取り止める場合においても、その教育的意義や児童生徒の心情等にも配慮いただき、中止ではなく延期扱いとすることを検討いただくなどの配慮をお願いしたい」と、文科省が出した「教育活動の再開等に関するQ&A」(5月21日時点)に記されています。しかし、その判断については「学校や教育委員会等の設置者」に任されているため、東京の世田谷区や板橋区のように今年度の修学旅行を「中止」とした教育委員会もあります。
 学校の主な教育活動の基準を定めた学習指導要領では、修学旅行は、「特別活動」の一つである「学校行事」のうちの「旅行・集団宿泊的行事」(小学校では「遠足・集団宿泊的行事」)に含まれています。「特別活動」は「教科」の授業と同等に位置付けられていますので、学校行事も授業と同じく重要な教育活動であるといえます。特別活動の特徴は、集団活動、すなわち他者との関わりの中で学ぶこと、加えて学校行事では、様々な「体験的活動」を通して学ぶことが大きな特徴となっています。なかでも修学旅行や移動教室、遠足などの「旅行・集団宿泊的行事」は、「平素と異なる生活環境にあって、見聞を広め、自然や文化などに親しむ」(中学校、高等学校学習指導要領)とともに、長時間仲間と共に過ごし、旅行先の人々と交流する、すなわち生徒が集団の中で学び、社会と接することを通して学ぶ極めて貴重な学習機会となっています。大学で私の講座を受講している学生に中学・高校での一番の思い出を聞いてみたところ、「修学旅行」という答えがもっとも多く返ってきました。生徒たちにとって、修学旅行が「思い出づくり」の場であることはたしかですが、「学び」の場としての価値はそれ以上に大きいものであると思っています。
 例えば、中学・高校の修学旅行における主な活動として常に上位を占めている平和学習では、沖縄や広島、長崎を訪れ、地上戦や原爆に関わる遺跡を巡り、資料館の展示を見たり体験された方々から当時のお話を聴いたり、といったプログラムが実施されています。こうした体験を踏まえ、生徒たちが仲間と「平和」について話し合うことを通して、教室での学習はさらに「深い学び」になっていきます。また、最近増えてきている農山漁村での民泊では、受入れ家庭の暮らしや生業をまるごと体験する中で生徒たちの視野は広がり、自分とは異なる価値観に触れることが自分自身を捉え直すきっかけになることもあります。修学旅行の場合、このような活動には必ず事前・事後の学習が伴っていて、現地での活動と併せ、一連の学習活動として進められています。このように、教室では実施することの難しい特別な「学び」を実践できる場が修学旅行なのです。そうした優れた「学び」の場が、感染症対策のために失われてしまうことは残念でなりません。もちろん、教科の授業とのバランスをとることも重要ではあるのですが…。
 それでは「中止」ではなく「延期」とした場合、いつ実施できるのか、生徒の安全・安心は確保できるのか、同じ旅行先で同じ活動ができるのか、旅行先を変えるとこれまでの事前学習が無駄になる、キャンセル料はどうなるのか…。このような多くの課題があって修学旅行を「延期」するのは容易なことではありません。しかも、修学旅行は集団活動が基本であるだけに、「密集」や「密接」を避けるのはかなり難しいことと思われます。しかし、宿泊施設や見学施設、交通機関、旅行会社など修学旅行に関わる各方面では、それぞれに綿密な感染予防策を講じるよう努めています。学校は、それらとしっかり連携していくことが大切です。また、校外活動における安全管理の体制をこれまで以上に強化するとともに、生徒たちにはマスクの着用や手洗いの励行など、感染防止のための指導を徹底しなければなりません。たしかに、従来とは異なるレベルの手間がかかります。しかし、修学旅行には他の教育活動には代えがたい独自の意義があります。教育委員会や学校には、できる限り実施する方向で考えていただくことを、強くお願いしたいと思っています。
 
日本修学旅行協会理事長 竹内 秀一
(2020年6月1日)
TOPへ戻る