本文へ移動

国内教育旅行情報

・2020-10-01
 

沖縄県が「沖縄修学旅行 防疫観光ガイドライン」を策定


 この度、沖縄県・(一財)沖縄観光コンベンションビューローでは、修学旅行で沖縄へお越しになられる皆様方へ「安全・安心」にご旅行を催行していただくことを目的に「沖縄修学旅行 防疫観光ガイドライン~安全・安心な受入をめざして~」を策定いたしました。
 
 また、県内の修学旅行受入施設が取り組んでいる感染防止対策を取りまとめた動画を公開いたしました。
 世界中でソーシャルディスタンスに取り組むなか、沖縄では心温まる距離(Heartwarming Distance)で、みなさまの心に寄り添ったおもてなしをいたします。
 現在沖縄修学旅行をご検討頂いている皆様、ぜひご覧ください。
 
 【沖縄修学旅行防疫観光動画】A Safe trip to OKINAWA
 
 おきなわ修学旅行ナビ より
 ガイドライン:「沖縄修学旅行 防疫観光ガイドライン~安全・安心な受入をめざして~」(9月24日更新版・PDF)をダウンロードのうえご利用下さい。
 
 なお本ガイドラインは随時更新を図ってまいります。
 ご利用の際にはどうぞ最新版のご確認をよろしくお願い申し上げます。

【詳細・お問い合わせはこちら】
  沖縄本社  TEL:098-859-6125
  東京事務所 TEL:03-5220-5311
  ※営業時間 平日:9時-17時、定休日:土・日・祝祭日(年末年始12/29~1/3)
 
 
・2020-9-30
 

修学旅行等における Go To トラベル事業の活用等について


  Go To トラベル事業における東京都の対象追加や地域共通クーポン制度の開始、修学旅行等に活用するにあたっての留意事項などについて周知するため、文部科学省および国土交通省観光庁より、令和2年9月25日付文書が発行、取扱についての案内がありました。
 
 修学旅行等の実施について、参考情報として当協会のサイトも紹介されました。
 
 本件に関する文部科学省のページは こちら
 

​ GoToトラベル公式サイト
  旅行者向け https://goto.jata-net.or.jp
  事業者向け https://biz.goto.jata-net.or.jp
 
・2020-9-16
 

第72回正倉院展


 正倉院は奈良時代に建立された東大寺の倉庫で、聖武天皇の遺愛品を中心に約9,000件の宝物が現在まで伝えられています。正倉院展はその中から60件ほどを選び公開する展覧会です。

 今年は、楽器、伎楽面、遊戯具、調度品、佩飾品、染織品、文書・経巻などが出陳され、正倉院宝物の主要なジャンルの名品をご覧いただくことができます。


【会期】令和2年10月24日(土)~11月9日(月)
【会場】奈良国立博物館 東新館・西新館
【休館日】会期中無休
【開館時間】午前9時~6時
    ※金曜日、土曜日、日曜日、祝日(11/3)は午後8時まで
    ※入館は閉館の60分前まで
【観覧について】
 ・観覧には「前売日時指定券」の予約・発券が必要です。
 ・当日券の販売はありません。
 ・前売日時指定券の販売は、9月26日(土)午前10時から
 ※各旅行会社・奈良市内の各宿泊施設向けに、前売日時指定券を販売します。
  9月15日(火)午前10時~23日(水)正午まで(事前申し込み・抽選制)
 
 第72回正倉院展については、こちらをご覧ください。
 
2020-9-15
 

子ども農山漁村交流プロジェクトセミナー

~コロナ禍における子ども農山漁村交流の取組のあり方~

宮城・福岡・千葉・静岡で開催


 子ども農山漁村交流に新たに取り組む方やさらなる進展を考えている地域・団体等の皆様におかれましては新型コロナウィルス感染症が収束するまでの間、感染拡大予防の取組が求められます。

 今回、特別公演、ガイドラインの紹介、受け手側の感染対策事例の発表をもとに、受け手側の感染対策の在り方、送り側と受け手側による協働で取り組む重要性等を考える機会として、本セミナーを開催します。


主催:総務省・内閣官房・文部科学省・農林水産省・環境省


 

会場
受け手側対策紹介
宮城会場
 2020年10月9日(金)
「達者村ホームスティ連絡協議会」による子供農山
漁村交流の受入に係る感染拡大予防の取組
(青森県南部町)
福岡会場
 2020年10月16日(金)
「萩市ふるさとツーリズム推進協議会」による
子供農山漁村交流の受入に係る感染拡大予防の
取組(山口県萩市)
静岡会場
 2020年11月9日(月)
「NPO法人伊豆自然学校」による子供農山漁村
交流の受入に係る感染拡大予防の取組
(静岡県西伊豆町)
千葉会場
 2020年11月10日(火)
「NPO法人千葉自然学校」による子供農山漁村
交流の受入に係る感染拡大予防の取組
(千葉県千葉市)

 

 セミナープログラムと参加申し込みは、こちらhttps://furusato.jp/info/20200915_2843/ 

2020-9-10
 

京都滞在中,修学旅行生に感染疑いが生じた場合の対策について

 

1 京都市は、8月26日付京都滞在中,修学旅行生に感染疑いが生じた場合の対策について」を発信しました。

 お問合せの多かった新型コロナウイルス感染症疑似症発生時の対応フロー内容については、9月7日版として補記修正し,再掲載いたしましたのでお知らせします。

 

<データ掲載>

「きょうと修学旅行ナビ」の新着情報

 https://shugakuryoko.kyoto.travel/topic/

 

2 舞妓さんお出迎えプレゼントについて

 現在,申込受付を行っている標記取組について,実施手順書を9月7日付で更新しています。

<データ掲載>

「きょうと修学旅行ナビ」舞妓さんお出迎えプレゼント

 

 

 

2020-9-10

 奈良市への修学旅行の実施について 

(修学旅行支援制度など)

 

奈良市長より、修学旅行の実施についての案内が発信されております。

詳細につきましては下記ご確認下さい。

 

平素より、奈良市への修学旅行の実施につきまして、格別のご理解とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。


修学旅行は、文部科学省の学習指導要領において特別な活動のひとつとして位置付けられる教育活動ですが 、この度の新型コロナウイルス感染症の影響により、 修学旅行を無事 実施するに際して は 感染予防対策に 苦心されるとともに、延期または中止の検討を 余儀なくされている学校も多いかと存じます。
そのため、本市では 修学旅行生の皆様や先生方に安心して奈良にお越しいただき、修学旅行を通して貴重な経験をしていただくため、別紙のような感染症対策や奈良旅行の充実に向けた取組を実施いたします。

 

 1 修学旅行生に発熱等の感染疑いが生じた場合に備えた相談体制
 2 感染防止対策や感染が生じた際の支援体制
  ① 修学旅行生等の待機用客室確保
  ② 陽性となった修学旅行生への支援制度
  ③ 感染対策等に取り組む観光関連事業者への支援制度
  ④ 観光関連施設への取り組み「SAFE TRIP NARA キャンペーン」
 3 奈良市で充実した修学旅行を実施していただくための支援
  ① 修学旅行実施時の支援
  ② 修学旅行がキャンセルになった際の支援
 

 

 

 

  • 2020-9-10

JAL

新型コロナ環境下の修学旅行の実施について

 

JALより、
安心・安全な空の旅の案内がきております。
詳細につきましては、下記ご確認下さい。 
 
生徒の皆さまにとって、
大切な修学旅行の実施に向けて、
安心・安全の取り組みでお手伝いが出来れば幸いです。
 
皆様のご搭乗を心よりお待ち申し上げます。
 
【 内容 】
・新型コロナウイルス感染予防に関するご案内
・よくあるご質問
 
【参考】
 
 
  • 2020-9-10

ANA Care Promise」について

 

ANAより、安心・安全な空の旅の案内がきております。
詳細につきましては、下記ご確認下さい。 
 
空にも、新しい日常を。
 
暮らしのさまざまなシーンで、新しい日常が始まっている今。
空の旅も、新しい一歩踏み出します。
今まで変わらない快適さや楽しさを、今まで以上の安心で。
ANAは、空港やラウンジ、機内等の清潔・衛生的な環境づくりや機内の換気の徹底を約束します。
お客様とスタッフのために。
 
空の新しいスタンダード、ANAから始まります。
 
 
【 内容 】
・ANAの取り組みについて
・ご搭乗いただく皆様へのお願いについて
・その他保安検査に伴うご案内について
・その他機内等でのご案内について
 
ANAではお客様や社員の安全の確保と安全運航を前提に、感染拡大防止に全面的に協力してまいります。
ご不便をおかけしておりますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。
 
 
  • 2020-9-10

「team NAGASAKI SAFETY」について

(長崎市・雲仙市・佐世保市)

 

 

安心・安全な旅の提供を目指して、以下案内がきております。
詳細につきましては、下記ご確認下さい。 
 
 
新型コロナウイルス禍において、宿泊施設滞在における観光客の新型コロナウイルス感染への不安や懸念は当面残るものと想定されます。

そこで、長崎市・雲仙市・佐世保市の旅館ホテル組合・観光協会・市で「新型コロナウイルス予防対策認定実行委員会(以下、実行委員会)」を立ち上げ、「team NAGASAKI SAFETY(読み:チームナガサキセーフティ)」として宿泊客の皆様に安心・安全な宿泊を提供するための取り組みを実施します。

また、長崎大学監修による宿泊施設の新型コロナウイルス予防対策ガイドライン及びビデオ教材を開発、認証された宿泊施設には専用ステッカーをお渡しします。

全国各地が観光復興のPRに励む中、「安心・安全な旅先」となれるよう、「team NAGASAKI SAFETY」に取り組むことで、旅先として選んでいただけるきっかけのひとつにしたいと考えています。
 
◆参考
 
 
  • 2020-9-10

石川県への修学旅行をお考えの皆様へ

 

 

石川県より、修学旅行についてご案内が来ております。
詳細につきましては、下記ご確認下さい。 
 
 
この度は、本県への修学旅行をご検討いただき、誠に有難うございます。
 
本県は、加賀百万石の歴史に育まれた伝統文化をはじめとする優れた地 域資源を有しており、金沢の伝統文化体験を中心とした班別自主研修、能 登の豊かな自然を舞台にした農家民泊や漁業体験、歴史と名湯を誇る加賀 温泉郷の旅館での宿泊など、多彩な体験プログラムを実施できる利点など から、近年、多くの学校様にお越しいただいております。
 
また、本県では、新型コロナウイルス感染予防を徹底しながら、安心し てお越しいただけるよう、24時間対応の相談窓口の設置や業種別ガイド ラインに基づく感染防止対策徹底、新型コロナウイルス対策取組宣言の推 進などに取り組んでいるところです。
 
皆様におかれましては、別紙参考資料をご参照いただき、本県での修学 旅行実施を前向きにご検討くださるようお願い申し上げますとともに、本 県での修学旅行が生徒の皆様にとって意義深く、思い出に残るものとなり ますことをお祈り申し上げます。
 
(参考資料)
 
 
 
2020-9-10

広島平和記念資料館の開館時間延長について

 

 

広島市より、広島平和記念資料館の開館時間について延長の発表がされました。 
 
広島平和記念資料館は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、安全対策として入場者数を制限(30分当たり150人、1日換算で2,700人)しています。今後、秋の修学旅行シーズンを迎えるに当たり、次代を担う若い世代に被爆の実相に触れてもらう機会を増やすため、10月および11月の2か月間、広島平和記念資料館の開館時間を1時間延長することとしましたのでお知らせします。
 
延長する期間 

 2020年10月1日(木)~11月30日(月)

 

◆開館時間

 午前8時30分~午後7時まで(最終入館・午後6時30分)

 

◆開館延長時間帯の見学予約受付システム入力可能日時

 9月15日(火)午前10時から

 

※ 詳しくは、以下参照願います
 
 
2020-9-2

 旅行関連業における
新型コロナウイルス対応ガイドラインに基づく
国内修学旅行の手引き(第3版) 発表

 

 

 一般社団法人 日本旅行業協会(JATA)は、『旅行関連業における新型コロナウイルス対応ガイドラインに基づく国内修学旅行の手引き(第3版)』を発表しました。 

 

 

修学旅行の手引き第2版を作成した時点から新型コロナウイルス感染状況も変わり対応する国の感染症対策も変化しています。日本旅行業協会では、このような状況変化に対応すべく、関係組織と調整の上、修学旅行の手引き第3版を作成し、9月1日に発表しました。

 

【主な変更点は2点】

 ① 9.輸送機関利用上の対策における貸切バスについて

   対策で安全を担保する取り組みと、さらに安心していただける対応とについての記述

 ② 同意書に対する記述の変更と、同意書例文の加筆

 

>> 旅行関連業における新型コロナウイルス対応ガイドラインに基づく国内修学旅行の手引き(第3版)
   * PDFファイル
 
>> 例文「修学旅行 参加同意書(改訂版)」
   * Wordファイル

 

修学旅行に関連する旅行業に従事されます皆様には、ご参照頂き安心・安全な修学旅行の実施に向けて、ご対応をお願い申し上げます。

 

※日本修学旅行協会は、今回の「国内修学旅行の手引き」作成に協力しております。

 引き続き安心・安全でより良い修学旅行の実施に向けて、協力と支援を行って参ります。 

 

 

  新しい旅のエチケット・リーフレット
2020-8-12

新しい旅のエチケット」30秒動画公開

(公益社団法人日本観光振興協会)

 

 

日本観光振興協会では、先般国土交通省・観光庁にご協力をいただき旅行連絡会が作成した「新しい旅のエチケット」に関する 30 秒の動画を今般 YouTube にて公開いたしました。
 
ご旅行に出られる皆様におかれましては、皆様ご自身はもちろん、皆様の周囲の方々、そして訪問先の地域の皆様の安全・安心のためにも、「新しい旅のエチケット」をお守りいただくとともに、旅行の出発の前に各所で行われております取組をご覧いただき、旅の安全と安心の確保に向けた取組に対し、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 
◆「新しい旅のエチケット」30秒動画
 
 
 
 (日本旅行業協会HP)
 
 

 

2020-8-12

~修学旅行をご利用予定の皆様へ~

JR東海の新型コロナウイルス感染症対策について

 

 

JR東海より、新型コロナウイルス感染症対策について、案内がありました。以下ご参照願います。
 
平素より、JRをご利用いただきまして厚く御礼申し上げます。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、弊社は、お客様に安心してご利用いただけるよう、東海道新幹線における感染症対策に取り組んできました。これらを「JR東海 新型コロナウイルス感染症対策 JR東海からのお約束」として、ピクトグラムや動画を用いて、よりわかりやすく幣社HPにてご紹介しております。また、ご利用の全てのお客様に対して、マスクの着用、車内での会話は控えめに、座席を回転して対面での利用はお控えいただくよう3点お願いしております。
 
修学旅行をご利用予定または計画されている皆様におかれましては、ぜひ弊社HPの動画をご覧いただき、安心して東海道新幹線で修学旅行にお出かけいただければと存じます。

<新型コロナウイルス感染症対策~JR東海からのお約束~>
1. 余裕をもった座席提供
 東海道新幹線では、1時間に最大12本まで増発可能な「のぞみ」を、余裕を持った本数で運転し、
 混雑の緩和に努めます。
2. 6~8分で車内を換気
 東海道新幹線の車両は、空調・換気装置により、約6~8分で車内の空気が新しい外の空気と
 全て入れ替わります。
3.駅・車両等の消毒・清掃
 駅や車両等において、お客様の手が触れやすい箇所を定期的に消毒しています。
4. 飛沫感染の防止
 駅係員や乗務員、パーサーはマスクを着用しています。

<動画>
 ◆JR東海HP「新型コロナウイルス感染症対策に関する取組み」
  
≪参考・JR各社取組み≫

 ◆JR四国HP「新型コロナウイルスに関するお知らせ」

 ◆JR九州HP「新型コロナウイルスの感染予防対策について」(8/12更新)

  JR九州HP

 

 

2020-8-12
 

きょうと修学旅行専用

24時間感染相談電話の開設について

(京都滞在中用)

 

京都市では,ウィズコロナ社会における安心・安全な「新しい修学旅行」の実施に向け,現在,修学旅行生の受入体制の整備を進めるとともに,観光関連事業者と連携し,感染症対策に取り組んでいるところです。

このたび,京都滞在中に,発熱等の新型コロナウイルスの感染疑いが生じた場合等に御利用いただける連絡先として,「きょうと修学旅行専用24時間感染相談電話」を開設しますので,お知らせします。

修学旅行生と京都市民,双方の安心・安全の確保のため,今後の修学旅行の実施において御活用いただければ幸いです。
 
 
 
※なお、新着情報には、金閣寺の工事情報も掲載されていますので、ご確認願います。
 金閣寺 工事予定期間:令和2年9月1日(月)~12月
 

 

2020-8-12

『九州教育旅行ネット』リニューアルのお知らせ

 

 

九州観光推進機構より、ホームページ・リニューアルのお知らせが来ております。詳細につきましては、下記ご確認下さい。 
 
 
例年開催している九州修学旅行説明会ですが、今年度は新型コロナウィルス感染拡大の影響を鑑み、中止させていただく決定をいたしました。

代替で当web上で説明会ページをリニューアルしました。

【ポイントはこちら↓】
1.事例発表を掲載しました。
2.各発着地別モデルコースを追加しました。
3.動画を追加しました。
4.新しい学習スポットを追加しました。
 
『説明会ページ』はこちら
 
『九州教育旅行ネット』はこちら
 
 
2020-7-30

広島での安全・安心な修学旅行等実施のお願い及び支援について

 

 

広島市より、全国の都道府県・指定都市教育委員会宛てに依頼文が発表されました。 
 
広島市ではウィズコロナ社会において、安全・安心に修学旅行等を行っていただくため、感染防止対策を実施してまいりますので、広島を訪れる各学校におかれましても新しい生活様式に沿った感染防止対策の実施をお願いするとともに、その取組費用の一部を支援させていただくこととしましたのでお知らせします。
広島での修学旅行が生徒の皆様にとって、かけがえのない思い出となることを祈念するとともに、広島へお越しいただけることを心からお待ちしております。
   ※ 広島市修学旅行等支援事業事務局    
     URL:https://sec.tobutoptours.co.jp/2020/hiroshima/(※8月11日開設予定)
 
<取組状況について> 
 1 修学旅行等実施の支援について
 2 広島平和記念資料館 の見学予約システム(入場制限)について
 3 広島市での発 熱 や咳など体調不良 が生じたとき
  ⑴ 広島県内の 新型コロナウイルス感染症の相談窓口 全日 24 時間対応)
  ⑵ 救急相談センター広島広域都市圏 
 4 広島滞在中に災害にあったとき
 5 平和学習における事前学習について
 
 
 
2020-7-30

京都市版修学旅行ガイドライン(第1版) 発表

 

 

このたび,京都観光推進協議会において「新しい修学旅行『京都スタイル』~京都発 ウィズコロナ社会での安心・安全なおもてなし~」(第1版)を策定しました。
修学旅行生と京都市民,双方の安心・安全の確保のため,今後の修学旅行の準備に御活用いただければ幸いです。
 
なお,京都滞在中に修学旅行生に新型コロナウイルスへの感染疑いが生じた場合の対策につきましては,整備ができたものから順次お知らせしてまいります
 
 
<内容> 
 1 コロナウイルスの基礎知識
 2 感染症対策の基本事項
 3 ウィズコロナ社会における新しい修学旅行「京都スタイル」について
 4 京都市内事業者の感染症対策
  ⑴ 各事業者に向けたこれまでの京都市内における主な取組
  ⑵ 事業者ごとの感染症対策 
 5 修学旅行生のみなさまにお願いしたい感染症対策
 6 京都滞在中,修学旅行生に感染疑いが生じた場合の対策
 7 その他京都市における新型コロナウイルス感染症に係る主な取組(修学旅行関連)
 
 ※実施に当たり、出発前・出発後・帰宅後・万が一の場合の対策、対応を分かり易く解説しております。
      

 

2020-7-29

 奈良県における新型コロナウィルス感染症に

かかる修学旅行生への対応について 

(奈良県知事より、各教育委員会へ発送されました)

 

奈良県では、全国から多くの修学旅行先としてお選び頂いておりましたが、引き続き安心してお越しいただき、有意義な時間をお過ごし頂けるように、この度、修学旅行生に向けた取組みを取りまとめました。

 

◆奈良県における修学旅行生に向けた新型コロナウイルス感染症に係る主な取り組み
 1 新型コロナ相談窓口の設置
 2 発熱外来の設置
 3 検査結果が判明するまでの待機場所の確保
 4 検査結果判明後の対応(陰性・陽性の場合)
 5 観光関連施設での取り組み
  ① ガイドラインを遵守した感染予防の取り組みの実施
  ② 観光施設への感染防止対策にかかる支援の実施

 

■(奈良県知事 メッセージ)奈良県における新型コロナウィルス感染症にかかる修学旅行生への対応について

■修学旅行生に向けた新型コロナウィルス感染症に係る主な取り組み

■奈良県へ修学旅行でお越しのみなさまへ~新型コロナウイルス感染症についての相談や受診の流れ~

■奈良県の修学旅行安全対策の取り組み状況について(概要)

 

(ホームページ)奈良県における新型コロナウイルス感染症にかかる修学旅行生への対応について

 

 

2020-7-13

 北海道における教育旅行の実施について(依頼)

2020-7-29追加情報/教育旅行支援事業事務局開設

 

北海道・鈴木知事より、全国の都道府県知事、教育委員会教育長、各旅行会社・団体代表者宛てに北海島における教育旅行実施についての依頼文書が発行されました。
 
北海道では、コロナに強い北海道を目指し、感染症対策の取組として、官民挙げた道民運動である「新北海道スタイル」を実践しております。
 
北海道では添付資料の通り「教育旅行支援事業」をはじめ、教育旅行専門のコールセンターやWeb相談窓口の設置の他、コロナ感染時のサポート体制を整備する取組を進めており、万全の体制でお迎えしたいと考えております。
 
また、7月12日には、アイヌ文化の復興・発展のためのナショナルセンターとして、アイヌの歴史や文化に対する理解を広げ、その価値を世界に、そして未来に発信する拠点として、「ウポポイ(民族共生象徴空間)」が白老町に開業し、北海道における教育旅行の魅力がますます高まるものと考えております。
 
北海道は、今爽やかな夏を迎えており、その後も多彩な色彩を放つ秋、白銀の世界の冬と続き、いつ来て頂いても観光のベストシーズンです。皆様のご来訪を心よりお待ちしております。
 
詳細につきましては、下記HPよりご確認ください。
 
 
 「教育旅行支援事業」、コールセンター・相談窓口設置等
■北海道教育旅行支援事業HP
教育旅行支援事業・事務局が開設されました(詳細は上記参照)
支援金対象経費及び支援金額 
 (1)貸切バス等追加借上支援
   通常1クラスで1台利用する貸切バス等を2台に増やして実施する場合の
   2台目の利用等に係る貸切バス等料金の実費(増加経費)
   1台1日あたり140,000円
 (2)宿泊部屋数増への支援
   1部屋あたりの宿泊人数を減らして実施する場合の部屋数増等に伴う宿泊料金の実費(増加経費)
   1人1泊あたり3,000円 
■ウポポイ(民族共生象徴空間)HP
■北海道教育旅行HP

 

 

 

2020-7-13

 教育旅行民泊の受入地域団体向けに

「感染拡大予防の手引き」を公開

(一般財団法人)都市農山漁村交流活性化機構

 

 

 一般財団法人都市農山漁村交流活性化機構(まちむら機構)では、各受入地域団体において、安心して「教育旅行民泊(ふるさとホームスティ)」に取り組んでいただくための、「感染拡大予防に向けた基本的な取組の要点を整理した資料」と「教育旅行民泊(ふるさとホームスティ)に関連する業種別ガイドライン」を紹介しております。

 

 

各地で教育旅行民泊の手配を担っている受入地域団体向けに
「新型コロナウイルス感染拡大予防の手引き」を作成し、内容については尾内 一信氏(医師、一般社団法人日本環境感染学会評議員)に監修いただいております。
 
現在は「第2版」で、「受入家庭向けと屋内の施設・会場の使用に係る手引き」と合わせて公開しています。
 
 
 
【公開ページURL】 https://furusato.jp/info/20200703_2639/
 
【子供の農山漁村体験支援サイト】 https://furusato.jp/

 

 

2020-7-9

 沖縄への修学旅行の実施について(ご依頼)

 

 

沖縄県・玉城知事より、全国の都道府県知事、教育委員会宛てに沖縄修学旅行実施依頼の文書が発行されました。
 
「旅行者の安全・安心アクションプラン」による修学旅行生の受入体制の構築など、安全・安心かつ有意義な修学旅行の場を提供すべく、取り組みを行ってまいります。
 
沖縄へお越しになった際は、最大限のおもてなし「うとぅいむち」の心でお迎えすることをお約束します。
 
 
 
 
 
詳細につきましては、下記HPよりご確認ください。
■文章URL
■沖縄県HP
■おきなわ修学旅行ナビHP

 

 

 

2020-7-9

 2020年度「九州7県合同修学旅行説明会・相談会」開催中止のご案内

         

月刊「教育旅行」 2020.7月号で九州修学旅行説明会開催のお知らせを掲載しておりましたが、
今年度の開催は新型コロナウィルスの影響を鑑み、中止させていただく決定をいたしました。
代替でweb上で、説明会でご提案予定の情報を発信させていただく予定です。
詳細が決定次第改めて当サイト「九州教育旅行ネット)でご案内させていただきますので、
ご確認くださいませ。
 
 【以下、開催予定の説明会・相談会は中止となりました】
 令和2年8月5日  名古屋会場
 令和2年8月6日  大阪会場
 令和2年8月19日  東京会場
  (主催:一般社団法人九州観光推進機構・九州7県観光課、観光連盟)
 
 九州教育旅行ネット  https://kyoiku.welcomekyushu.jp/ 
 九州観光推進機構   https://www.welcomekyushu.jp/ 
 
 
 
2020-7-9
 観光資源情報WEBサイト『美しき日本 全国観光資源台帳』を公開
  (公益財団法人 日本交通公社)
      
公益財団法人日本交通公社(会長 末永安生)は、観光資源情報WEBサイト『美しき日本 全国観光資源台帳』を公開しました。
 
当財団が長らく取り組んでいる観光資源研究をベースに、各資源の概要だけでなく観光研究の視点も織り交ぜて、日本の多種多様で魅力あふれる観光資源を紹介するWEBサイトです。
 当財団では、1968年より、全国の観光資源の客観的・総合的評価に関する研究(「観光資源研究」)に取り組んでおります。観光資源の魅力の基準を整理するとともに、その基準に沿って全国の観光資源を選定し、「全国観光資源台帳」として取りまとめ、同台帳を適宜更新してまいりました。
 このたび、私どもは、「全国観光資源台帳」をベースとしたWEBサイト(美しき日本 全国観光資源台帳)を新たに構築し、広く世の中の皆様に、日本の魅力的な観光資源を発信していくことといたしました。まずは第1次公開として、群馬県・埼玉県・千葉県・神奈川県・福岡県・佐賀県・ 大分県・沖縄県の8県分のデータを公開いたします。
 本WEBサイトは、各観光資源の概要に加え、観光研究の視点も織り交ぜることで、各観光資源の魅力の根拠や鑑賞のポイントを解説していることが特徴です。
 日本は魅力的な観光資源にあふれています。多くの方々に旅を通して、観光資源の豊富さ、多様さ、奥深さを感じていただきたいと願っております。そのための一助に、本WEBサイトをお役立ていただければ幸いです。
 
■名称:美しき日本 全国観光資源台帳
■URL:https://tabi.jtb.or.jp/
■目的:わが国の魅力的な観光資源の情報を消費者に広く提供することで、国内旅行の促進、ひいては観光文化の振興と豊かな社会の実現に寄与する。
■公開:2020年7月1日[第1次公開]
    第1次公開では下記の8県を公開
    群馬県・埼玉県・千葉県・神奈川県・福岡県・佐賀県・大分県・沖縄県
    ※今後、順次公開予定
■構成:個別の観光資源情報、「たびれぽ」(タイムリーな情報や専門家視点でのより深い観光情報)、他
 
旅の図書館 (※日本修学旅行協会発行の月刊誌「教育旅行」も収蔵されております)
 
 
 
2020-7-1
 方領土隣接地域への修学旅行誘致促進のための下見ツアー
   参加者募集について【申込終了】
      
内閣府北方対策本部では、次代を担う若い世代の方々に北方領土に隣接する地域(根室市、別海町、中標津町、標津町、及び羅臼町)を修学旅行等で訪れてもらい、対岸から北方領土を直に見たり、元島民の方々から直接話を聞いたりして、北方領土問題についての正しい理解と関心を高めていただきたいと考えています。
 このため、北方領土隣接地域での北方領土学習プログラムを取り入れた修学旅行等の実施を促進するため、次のとおり、修学旅行を担当する先生方を対象にした下見ツアーを開催しますので、ご参加ください。
 
Ⅰ 日程 
    (a)伊丹空港発着 令和2年8月11日(火)~13日(木)
  (b)羽田空港発着 令和2年8月19日(水)~21日(金)
         ※ 日程の詳細等については内閣府北方対策本部のホームページ をご覧ください。
Ⅱ 対象                                                   
       教員及び教育関係者 
Ⅲ 募集人数
  各回10名  ※応募者数が募集人数を上回った場合には内閣府において選考されます。
Ⅳ 費用
ツアー中の往復の航空運賃、宿泊費(朝食付)、移動費用(バス)、施設入場料・体験費用、国内旅行傷害保険料については、内閣府で負担します。
※ツアー発着地までの往復の交通費、ツアー中の昼食・夕食代等は参加者にご負担いただきます。
Ⅳ 申込〆切  
     7月19日(日)必着
Ⅴ 参加申込方法
 申込専用HP(こちら)からお申込みください。
   なお、郵送又はFAXでもお申し込みいただけますので、下記あてお申込みください。 
      (委託先)東武トップツアーズ株式会社
            (郵送先) 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-5-25 西新宿プライムスクエア16階
                     官公庁営業第一部 北方領土隣接地域 修学旅行下見ツアー担当
                         FAX   03-5348-3799
 
    ※  新型コロナウイルス感染症の状況等により、ツアーの中止又は日程が延期となる場合がありますので、
    ご了承下さい。
 
 
沖縄 Tour Style With コロナ(概要版・抜粋)
2020-6-24

 沖縄県 旅行者の安全・安心に関する    

アクションプランを策定いたしました

 

 沖縄県は「旅行者の安全・安心に関するアクションプラン 沖縄 Tour Style With コロナ」を、観光関連業界だけでなく、医療界の疫学的意見も参考に官民一体となって策定いたしました。
 
【主なポイント】
(1).水際対策と発熱者・感染懸念者発生時の取り組み
 ① 水際対策
  ・那覇空港における感染懸念者への対応
  ・旅行者専用相談センター(Traveler’s Access Center Okinawa)(「TACO」)の設置
 ② 市中感染拡大防止対策
  ・各観光施設への訪問時、移動時における感染懸念者への対応

(2).旅行者視点・旅行行程に沿った対策の整理
 • 旅前(居住地)、沖縄到着(空港)、旅中(観光施設、移動)、沖縄出発(空港)、旅後(居住地)で
  区分し、繋げることにより、切れ目のない対策の実施

(3).情報の発信・伝達・収集
 ①発信:旅行者への沖縄Tour Styleの事前告知・県内感染状況の情報発信
 ②伝達:観光関連団体・事業者への感染懸念者の情報伝達と共有
 ③収集:沖縄から帰省した後の旅行者の健康状態の情報収集 など

(4).各主体の役割の整理
 • Withコロナ時代の旅行客の受入に当たって、行政、観光関連団体・事業者の他、旅行者としての観光客、
  県民の役割の整理  

 詳しくは、沖縄県HPをご確認ください。
 https://www.pref.okinawa.lg.jp/site/bunka-sports/kankoshinko/ukeire/actionplan.html

 

 ◆沖縄 Tour Style With コロナ 旅行者の安全・安心アクションプラン(概要版)

 

 ◆沖縄 Tour Style With コロナ 旅行者の安全・安心アクションプラン(詳細版)

 

 

2020-6-24

 福島県教育旅行復興事業のご案内

  

 福島県内で宿泊を伴う教育旅行を実施する県外の学校へ
バス経費の一部を補助します
(福島県教育旅行復興事業事務局)

福島県では、学校行事の一環として福島県内で宿泊を伴う教育旅行を実施する県外の学校に対し、その移動に係るバス経費の一部を補助いたします。
 本事業を御活用の上、福島県での教育旅行を実施くださいますようお願いいたします。
 
◆補助の対象期間
 ・2020年4月1日~2021年3月31日までに、実施終了するもの。
 
◆補助の対象団体と内容
【修学旅行・宿泊学習等】
 ・県外の小学校・中学校・高等学校
【合宿】
 ・県外の中学校・高等学校の部活動
 ・県外の短期大学・大学等の部活動・正規授業のゼミ・公認サークル
【内容】
 ・バス1台当たり経費の2分の1、又は地域ごとの補助上限額を助成(1校当たり台数上限無し)
  ※バス1台当たりの補助額 30,000円~150,000円
 ・福島県浜通りの宿泊を1泊以上含む場合は、補助上限額に各1万円加算する。
  ※ 浜通り( 相馬市、南相馬市、新地町、浪江町、富岡町、楢葉町、双葉町、大熊町、
        広野町、飯舘村、川内村、葛尾村、いわき市)
 
  申請など詳しくはこちら
 
 注)6月8日掲載の、『福島県・避難解除支援地域等12市町村への教育旅行支援事業』とは
   別の補助金となり、重複申請可能です。
 
 
2020-6-23

 旅行関連業における
新型コロナウイルス対応ガイドラインに基づく
国内修学旅行の手引き(第版) 発表

 

 一般社団法人 日本旅行業協会(JATA)は、『旅行関連業における新型コロナウイルス対応ガイドラインに基づく国内修学旅行の手引き(第2版)』を発表しました。 

 

日本旅行業協会では、観光庁や感染症専門医等の指導によって作成された旅行業ガイドライン、その他の関連機関・業界のガイドラインを参考に、今回の「国内修学旅行の手引き」を作成し、6月3日に発表しました。

 

今回、問い合せの多かった点を踏まえまして第2版を発表しております。

 

修学旅行に関連する旅行業に従事されます皆様には、ご参照頂き安心・安全な修学旅行の実施に向けて、ご対応をお願い申し上げます。

 

【改訂箇所】

 3P  7 旅行行程。運営業務上の対策の上から2行目
 3P  9 運送機関利用上の対策 ・の2つ目
 5P 14 その他 修学旅行・参加同意書(*例文)追加
 6P 出典・貸切バス(日本バス協会) ・の6つ目

 

※日本修学旅行協会は、今回の「国内修学旅行の手引き」作成に協力しております。

 引き続き安心・安全でより良い修学旅行の実施に向けて、協力と支援を行って参ります。 

 

2020-6-22

 奈良公園・大仏殿前駐車場の学校団体予約受付開始日の変更について

         

◆大仏殿前駐車場(特別予約・宿泊利用)の学校団体予約受付開始日を7月1日(水曜)午前9時から変更します。
 
県営大仏殿前駐車場(特別予約・宿泊利用)をご利用の学校団体バスは、令和3年3月31日までのご利用分をいつでも予約できるようになります。

詳しくは下記のお問合せ先へご連絡ください。
 
大仏殿前駐車場(特別予約・宿泊利用)の学校団体予約受付開始日を7月1日(水曜)午前9時から変更します
 
【お問合せ先】
奈良公園団体バス駐車場予約センター
TEL 0742-81-8920/FAX 0742-81-8921
営業時間9:00~17:00
URLはこちら
https://ems12.webecs.biz/narapark_bt/
 
2020-6-18

 奈良県修学旅行に向けた事前・事後学習/なら歴史芸術文化村について

         

 奈良県より下記、情報を頂きました
 修学旅行をはじめとする教育旅行の事前・事後学習、訪問先の検討資料として、お役だて願います。
 
奈良県事前学習教材のご紹介
 奈良県に訪問する修学旅行生の皆様が、事前学習の際に活用
 できるツールをいくつかご紹介します。
○平城学習パック
 平城宮跡を中心に、奈良時代を効果的に学習することができ
 ます。天平衣装や木簡レプリカ等、実際に奈良時代の暮らし
 を体感できるツールがセットになった学習パック。
○奈良の世界遺産 もっと奈良っちゃうWEB
 奈良市の学生が授業で使用する「世界遺産学習」の副読本
 等、世界遺産「古都奈良の文化財」について学ぶことができ
 るサイト。持続可能な社会の担い手を育成するSDGs教育に
 も繋がる内容となっています。
 
奈良県修学旅行事前・事後学習用ワークシート
 奈良県に修学旅行でお越しいただく皆様の事前・事後学習にお役立ていただくため、「奈良県修学旅行事前
 ・事後学習用ワークシート」を作成しました。奈良の歴史遺産や文化、食などを事前に学習できるだけでな
 く、修学旅行後の振り返りにも使うことができる内容となっています!ご使用いただく際は、当館HPでも
 公開されている「奈良県修学旅行ガイドブック」を参照いただくと、より効果的に学習を行っていただける
 ようになっております。先生向けの「回答例」も作成しましたので、そちらもご利用ください。
 奈良県に教育旅行で来られる予定の首都圏の学校に、県職員が「奈良県」についての事前・事後学習のお手伝
 いにお伺いします。授業は交通費を含め無料です。
 授業内容や実施方法(時間・人数など)は事前に打ち合わせて、学校のご希望にお答えできます。
 
④ なら歴史芸術文化村のパンフレット(第1弾)が完成しました!
 奈良県天理市で2022年春の開村を目指し整備している、「なら歴史芸術文化村」のパンフレットが完成!
 施設の紹介や、「どのようなことが体験できるか」といった情報が掲載されています。
 今後の修学旅行における訪問先の一つとして、ぜひご検討ください!
 
 
2020-6-11

 京都への修学旅行の実施について
~ウィズコロナ社会における修学旅行生の安心・

安全の確保に全力で取り組みます~ 

(京都市長より、各教育委員会へ発送されました)

 

 

 京都市長は『京都市への修学旅行の実施について(ご依頼)~ウィズコロナ社会における修学旅行生の安心・安全の確保に全力で取り組みます~」の書面を各都道府県教育委員会教育長等へ発送しました。 

 

京都市では、夏以降に延期および当初から予定されていた修学旅行を安心安全に実施頂くために、首記書面にて新型コロナウィルス感染症に関わる取組みを発表しました。

 

◆京都市における新型コロナウイルス感染症に係る主な取組
  (修学旅行関連)
 1 修学旅行専用電話相談窓口の設置
 2 修学旅行生に発熱等の感染疑いが生じた場合に備えた特別の対策
  ① 修学旅行生専用の24時間感染電話相談窓口の開設
  ② 適切な検査・医療体制の整備
  ③ 検査結果が判明するまでの待機場所の確保
  ④ 感染が判明した場合の入院から帰宅までの学校・保護者と連携した対応
 3 修学旅行生の事前学習環境の整備
 4 京都ならではの文化芸術体験(予定)

 

※取組みの詳細につきましては、今後追って発表される予定です。

 

 

2020-6-8

 福島県・避難解除支援地域等12市町村への教育旅行支援事業について

         

 福島県再生可能エネルギー復興推進協議会
地域復興支援事業(広域事業:教育旅行支援事業)

首記補助金は、未来を担う全国のこどもたちに、避難解除区域等の現状と福島県の復興の姿を体感いただくとともに、教育関係者や保護者の皆様に対し、福島県には多くの”学び”があることをお伝えすることを目的に、補助金を交付するものです。
 
・教育旅行支援事業チラシ
・教育旅行実施要項
 
事業概要
避難解除区域等12市町村への教育旅行を行う学校及び同教育旅行の販売促進を行う旅行会社に対して支援を行う。(予算額 24,000千円)
 
避難解除区域等12市町村
(田村市、南相馬市、川俣町、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、飯舘村)
 
〇補助額
学校に対する助成:避難解除区域等12市町村への1人泊あたり 2,000円
 (上限:400,000円)
 
○助成対象(条件) 
 ※以下、学校に対する助成の場合(旅行会社は実施要項参照)
①学校教育法により定められる国立学校、公立学校又は私立学校が主催する教育旅行であること。
②避難解除区域等12市町村内の宿泊施設に延べ50人泊以上すること。
③避難解除区域等12市町村の関連プログラムが組み込まれていること。

※助成対象経費は下記「助成対象経費」のとおり。
○助成対象経費(令和2年度実施分)
①交 通 費:公共交通機関の利用料金、貸切バス代、引率教員の燃料費、バス運転手への謝金など
②宿 泊 費:ホテル・旅館等へ宿泊した費用
③見 学 費:施設見学料、拝観料など
④報 償 費:講演者への謝金など
 
〇申請提出期限 令和2年7月22日  → 申請期限延長 令和2年12月28日
 ※Gotoトラベル事業との併用可能
 
○申請・問い合わせ先窓口
一般社団法人福島県再生可能エネルギー推進センター
福島県再生可能エネルギー復興推進協議会
担当:古関
〒960 8043 福島県福島市中町 5 21 福島県消防会館3階
メール:kyogikai_contact@f reenergy.org
電 話: 024 529 7463 FAX: 024 526 0072
 
【参考】ふくしま教育旅行HP
 
2020-6-8

 DVD教材NHKティーチャーズ・ライブラリーについて【学校向け・貸出無料】

         

 無料で借りられるDVD教材NHKティーチャーズ・ライブラリーのご案内です。NHKが放送した膨大な番組の
 中から、学校教育に役立つものをDVDにして学校現場に無料で貸し出すサービスです。
 なかでも広島、長崎、沖縄などの戦災の番組は修学旅行の事前学習に最適と好評です。
 
 詳細はHPをご覧ください。
 
◆NHKティーチャーズ·ライブラリーとは
 NHKの番組を無料で学校現場にお届けしますティーチャーズ·ライブラリーは、NHKが放送した膨大な番組の中から、学校教育に役立つものをDVDにして学校現場に無料で貸し出すサービスです。NHKの映像資産を社会還元する事業の一つとして2009年に始まりました。学校教育番組だけでなく、NHKスペシャル、仕事ハッケン伝など、ネットで見ることのできない一般番組を数多くそろえており、小学校から大学までの授業に対応しています。 
◆迫力のある映像を教室で
 高画質のDVDですので、ネット環境がなくてもご利用いただけます。授業の実践を通して、「高画質·高音質
 の迫力ある映像は子供の心を強く動かし、感動させることができる」と報告されています。 
◆貸し出し番組は約300タイトル
 貸し出し番組は、学校教育に必要とされるテーマについて現場の先生方のご意見を伺い、利用された方の
 要望も取り入れつつ、すぐれた番組を厳選しています。
 平和学習や修学旅行の事前学習向け番組、職業観や勤労観を培う番組が多数ある他、道徳の時間に活用できる「命」「いじめ」「異文化理解」などの番組、情報、防災、環境などの番組も充実しています。
 毎年20本程度を新しく追加しています。
◆7つのカテゴリー
 番組は大きく7つのカテゴリーに分かれています。授業のねらいやテーマにそってお選びください。 
 【平和】
  広島・長崎・沖縄など、平和学習や修学旅行の事前学習などにおすすめ
 【キャリア】
  職場体験学習、キャリア教育だけでなく、生き方を考える授業にも活用できる
 【ともに生きる】
  命・生き方、いじめ、差別などのテーマで、道徳の時間などの授業におすすめ
 【情報】
  情報化社会を生きる知恵と、表現やコミュニケーションの技術を育む
 【防災】
  自然災害のしくみや実態を扱った番組、防災意識を高めるために役立つ番組
 【環境】
  地球温暖化、生態系破壊など、環境問題の実態を学べる教材
 【学ぶ楽しさ】
  いつもの「勉強」とは一味違う切り口で、学ぶ意欲をかきたてる
◆ホームページも充実
 貸し出ししている全番組の内容を掲載しています。また多くの番組に「学習展開例」や「番組活用例」が
 添えてあり、授業を組み立てる際の参考にしていただけます。
 
2020-6-5

 京都・修学旅行に向けた事前学習教材(新コンテンツ)について

         

 全国的に学校が再開される中,新型コロナウイルス予防対策をしながら、教育活動への工夫をされていると思います。このたび、京都観光推進協議会では、京都への修学旅行を予定されている児童生徒様の事前学習に役立つコンテンツを用意頂きました。授業時間の確保が困難な状況におきまして,児童生徒の皆様の学びを支える一助になれば幸いでございます。今後とも児童生徒の皆様が安心して京都へお越しいただけますよう,また,保護者や学校関係者の皆様に安心して京都へ送り出していただけますよう,様々な取組を実施してまいりますので,御協力をよろしくお願いいたします。
 
1  修学旅行専用コンテンツ(詳細資料一覧参照)
 ⑴ 修学旅行専用ウェブサイト「きょうと修学旅行ナビ」(http://shugakuryoko.kyoto.travel)
 ⑵ 事前学習用DVD「おこしやす京都修学旅行」(21分)
 ⑶ 事前学習用資料「京都修学旅行ハンドブック」
 ⑷ 京都修学旅行パスポート
 ⑸ 京都京歩きマップ
 ⑹ 主要路線ガイドマップ
 ⑺ 電車で巡る京都修学旅行〜班別行動お役立ちマップ〜
 ⑻ 京都修学旅行アクセスガイド〜清水寺編・金閣寺編〜
 
2 その他のコンテンツ (新規)
 ⑴「-洛を旅する-らくたびチャンネル」(株式会社らくたび)
   京都の歴史,文化などについてやさしく学べるコンテンツが随時公開されています。
  ア らくたび・山村純也の京都学講座「世界遺産シリーズ」
    約3分間で京都が誇る世界遺産の魅力を学べます。全10回。
  イ らくたび・若村亮の「らくたび通信ライブ版-京,ちょっと旅へ-」
 京都に関するキーワードが書かれた「京の旅くじ」を引いて,その日のトークテーマを決定します。 
 京のまちなみや習わし,お寺・神社の豆知識について説明しています。
 (主な観光地の解説回)
 第 4回 建仁寺
 第 6回 清水の舞台(清水寺)
 第10回 祇王寺
 第12回 御所八幡宮
 第19回 聚楽第
 第20回 右と左が逆(京都御所)
 第23回 詩仙堂
 第25回 二条城,市比賣神社
 
 ⑵「Stay Home,Feel Kyoto」キャンペーン(京都市観光協会)
新型コロナウイルス感染症の拡大防止に貢献し,自宅に居ながら京都の魅力を感じられるコンテンツを紹介しています。
 ・おうちで坐禅 ~手ほどき編~by妙心寺退蔵院
 ・京都の各業界の方々から世界の京都ファンに向けたメッセージ
 
2020-6-5

 長崎・修学旅行生向けガイドブック「長崎遊学券」専用ホームページ開設

         

 
修学旅行生向けのお得で便利なガイドブック「長崎遊学券」の専用ホームページが開設されましたのでお知らせ致します。
 
また、申込方法につきましても、ファックスから専用ホームページでのお申し込みに変更となっております。
 
【長崎遊学券とは】
長崎市内8ヵ所の主要観光施設の入場券と20ヵ所の人気観光施設の割引券がついた修学旅行生のためのお得で便利なガイドブック付き観光施設入場券です。事前学習やプラン作成の資料としても重宝します。 
 
  ◆2020年度の料金
   小学生用:1,340円分の入場券と2,400円分の割引券がついて  500円 
   中学生用:1,370円分の入場券と3,220円分の割引券がついて  550円
   高校生用:1,960円分の入場券と3,390円分の割引券がついて  650円
 
 
2020-6-5

 第6回「ジャパン・ツーリズム・アワード」の募集について(募集期間延長)

         

 国内外の人々の交流が日々拡大する中で、観光は雇用機会の創出、社会経済の活性化、相互理解の深化を実現させ、日本のみならず世界の成長戦略として位置付けられています。ツーリズムの発展には旅行業、運輸・宿泊業のみならず自治体、農林水産業、製造業、サービス業、IT産業など幅広い分野の産業・組織が関与しており、その裾野の拡大は目を見張るばかりです 
 「ジャパン・ツーリズム・アワード」は、ツーリズムの発展・拡大に貢献し、「ツーリズムEXPOジャパン」とのシナジー効果に寄与する、国内・海外の団体・組織・企業の持続可能で優れた取り組みを表彰するものです。受賞取り組みを広く社会に知らしめることで、ツーリズムへの理解を進めると同時に、モデルとしてさらなるツーリズムの発展に寄与することを目的としています。
 
 既に、第6「ジャパン・ツーリズム・アワード」の募集は始まっています。(応募締切6月30日へ延長)
 
 「ツーリズムEXPOジャパン2020リゾート展 in 沖縄」は、10月29日から11月1日まで、沖縄コンベンションセンターにおいて、(公社)日本観光振興協会、(一社)日本旅行業協会(JATA)、日本政府観光局(JNTO)の主催で開催されますが、その中で表彰式は10月29日に行われます。
 
 過去には、第1回で広島県教育委員会の高校生海外留学1万人プロジェクト、第2回で沖縄観光コンベンションビューローの沖縄観光学習教材、第4回では(株)JTB熊本支店の「伝える 学びのプログラム」など、教育旅行関係の取り組みも表彰されています。
 
詳細は、下記の「ジャパン・ツーリズム・アワード」公式HPをご確認ください。 
    https://www.t-expo.jp/biz/program/award.html  

 

お問い合せ先   ジャパン・ツーリズム・アワード募集事務局

             TEL:03-5246-7221 E-Mail:info@jta.event-infodesk.com

 
2020-6-3

 旅行関連業における
新型コロナウイルス対応ガイドラインに基づく
国内修学旅行の手引き(第1版) 発表

 

 一般社団法人 日本旅行業協会(JATA)は、『旅行関連業における新型コロナウイルス対応ガイドラインに基づく国内修学旅行の手引き(第1版)』を発表しました。 

 

日本旅行業協会では、観光庁や感染症専門医等の指導によって作成された旅行業ガイドライン、その他の関連機関・業界のガイドラインを参考に、今回の「国内修学旅行の手引き」を作成し、発表しました。

修学旅行に関連する旅行業に従事されます皆様には、ご参照頂き安心・安全な修学旅行の実施に向けて、ご対応をお願い申し上げます。

 

【以下、冒頭文書抜粋】

 

~ はじめに ~

修学旅行は単なる観光旅行ではなく、文部科学省の学習指導要領に於いて特別活動のひとつとして位置づけられ、諸外国にも類例のない教育活動です。

その教育的意義は大きく、学校生活に於ける諸活動の中でも参加する児童・生徒の皆様にとって最も強い印象として残り得る極めて価値のある教育的体験活動です。
修学旅行実施において「新型コロナウイルス感染症」の感染防止を極力図り、充実した修学旅行を実現していくため、旅行業に従事する旅行会社の総意を結集し「国内修学旅行の手引き」を策定致しました。
私どもは、各種ガイドラインに基づいた「国内修学旅行の手引き」に準拠した感染防止策の実施に努め、学校、教職員の皆様、そして児童・生徒様や保護者の皆様に安心・安全な修学旅行の場を提供すべく、最大限の努力と支援を行います。

 

※日本修学旅行協会は、今回の「国内修学旅行の手引き」作成に協力しております。

 引き続き安心・安全でより良い修学旅行の実施に向けて、協力と支援を行って参ります。 

 

2020-4-28

 津山市教育旅行ガイドブック完成

  ~ 歴史と文化の息づくまち岡山県津山市で

        「主体的・対話的で深い学び」を! ~

 

 岡山県津山市は、教育旅行専用のガイドブック『津山市教育旅行ガイドブック』を作成しました。 

 歴史と文化の息づくまち岡山県津山市で教育旅行を実施してはいかがでしょうか。津山市には、歴史を物語る施設、自然や産業遺産などの特色ある施設があり、幅広い分野で学びを楽しむことが出来ます。当時の歴史文化が脈々と受け継がれ、今なお生活に息づき、自然と調和した津山市は、子どもたちの心を育む教育旅行に適した魅力あふれるまちです。

 

 【パンフレットや現地等の問い合せ】

津山市 産業経済部 観光振興課

 電話:0868-32-2082

 メール:kankou@city.tsuyama.lg.jp

 〒708-8501 岡山県津山市山北520

 

※日本修学旅行協会は、今回のパンフレット作成に際し、教育旅行受入のアドバイス等をしております。 

 各地域等で教育旅行受入について相談等あれば、当協会へご連絡ご相談下さい。

 

 
2020-3-9

 第17回「オーライ!ニッポン大賞グランプリ を一般社団法人そらの郷(徳島県)が受賞

 

 「オーライ!ニッポン」とは、都市と農山漁村の間の”人・もの・情報”の往来(おうらい)を盛んにすることで、日本全国が元気(All right)なることをめざす国民運動「都市と農山漁村の共生・対流」のキャンペーン

ネームです。「オーライ!ニッポン大賞」は、都市と農山漁村を往来する新たなライフスタイルの普及や定着化を図るため、日本各地で都市と農山漁村の交流を活発にする活動に積極的に取り組んでいる団体等を表彰する

ものです。オーライ!ニッポン会議(代表 養老猛司 東京大学名誉教授)が主催していますが、当協会もこの

会議に参画しています。

  

今年度の受賞者は次のとおりです。(別途審査委員会長賞・ライフスタイル賞あり)

★ オーライ!ニッポン大賞 グランプリ ★ (内閣総理大臣賞)
  ・一般社団法人そらの郷 <徳島県三好市>
★ オーライ!ニッポン大賞 ★
  ・奥矢作移住定住促進協議会 <岐阜県恵那市>
  ・あば村運営協議会 <岡山県津山市>
  ・有限会社 シュシュ <長崎県大村市>

 

 大賞グランプリを受賞した(一社)そらの郷は、徳島県西部圏域「にし阿波」地域において著しい人口減少、過疎が進む中、交流人口拡大による観光地域づくりを目指して創設されました。体験型教育旅行の誘致・ 受入れ体制整備と誘致受入活動を実施し農家民泊 を中心に、急傾斜地での農作業、野菜や果樹の収穫、田舎料理作り、歴史探訪、かずら細工、わら細工の伝統工芸、阿波おどり、地域の人との交流などをプログラム化してい

ます。厳しい山村環境の生活文化が世界から高く評価されるようになり、地域の生活文化に対する誇りや自信、その文化を継承していくことが再認識されています。また、伝統的な農業が世界農業遺産に登録されたことに

より、地域に住 む人々や伝統的な農業に対する関心が高まり、その風景と相まって、日本の原風景 として、

内外から高い関心を呼んでいます。

  

各受賞者の概要は こちら 。

 

(お問合せ先)オーライ!ニッポン事務局   

       一般財団法人都市農山漁村交流活性化機構(まちむら交流きこう)

       〒101-0042 東京都千代田区神田松山町45 神田金子ビル5階

        Tel 03-4335-1985  Fax 03-5256-5211 E-mail:ohrai@kouryu.or.jp

 

2020-3-9

 奈良公園バスターミナルの活用について

 

 奈良公園に訪問する方の利便性や周辺の魅力向上、周辺道路の渋滞緩和を目的とし、奈良公園バスターミナルが2019年4月にオープンしましたが、利用者からは多くの意見がありました。

 2020年度からは、これらの意見をもとに運用が大きく改善されます。予約枠が拡大された上に予約時期も細分化され、事前予約による当日払いも導入されます。また、レクチャーホールの有効な活用も検討されています。

 詳細はPDF資料をご覧ください。   *PDF資料は こちら                  

 

2020-2-6

 第7回 観光立国推進協議会が開催されました!

     

 2020年1月21日(火)、第7回となる観光立国推進協議会(事務局・日本観光振興協会)を東京プリンスホテルにて開催しました。本協議会では、幅広い産業と地域が一体となり、今後の観光立国推進に向けての指針を示すべく123の企業・団体が加盟しています。今回の協議会では、本年度の事業報告として、DMO、観光教育、二次交通(地域交通)、心のバリアフリーといったテーマに関する専門部会や検討会についての報告や、令和2年度事業についての審議が行われ、それぞれの企業・団体での取り組みと、関係者間の連携・関係強化を確認しました。また当日は、観光庁から田端浩長官、藤原威一郎総務課長が出席し、令和2年度の国の観光関係予算についての説明も行われました。
 協議会の開催後には、同ホテルにて観光関係団体懇談会主催による観光立国新春交流会が開催され、官民の観光関係者総勢約500人の皆様にご参加いただき、関係者間の交流が行われました。

 

※日本修学旅行協会 竹内理事長も、観光立国推進協議会委員として参加致しました。

 

公益社団法人 日本観光振興協会 フォトピックス

 

 

2020-1-24

 シンポジウムのご案内【終了】

  「山の中の海軍のまち

      ~熊本県錦町の戦争遺跡をどう生かすか~」

    主催:熊本県錦町・九州経済調査協会・西日本新聞社

 

 

 太平洋戦争末期の1943年、「人吉海軍航空基地」は、九州産地に囲まれた、海のない人吉盆地に(熊本県錦町・相良村)に造られました。広大な飛行場や教育施設、無数の地下施設。これらはなぜ造られたのか。地域の人々との関りはどうだったのか。錦町は2018年8月、資料館「山の中の海軍の町 にしきひみつ基地ミュージアム」を建設し、命の尊さや平和の大切さについて考えるきっかけにしています。ミュージアムと戦争遺跡を生かし、次世代に戦争の記憶をどう伝えるのか。ユニークなパネリストたちが意見を交わします。
 
【当日プログラム】
◆第一部 基調講演 
      「戦争遺跡を保存・公開する意味とは」
           講師:安藤広道氏(慶応大学文学部教授)
 
◆第二部 パネルディスカッション
      戦争を語る『場』を考える-遺跡・漫画・観光をめぐって-」
           パネリスト
            平本真子氏(にしきひみつ基地ミュージアム副館長)
            武田一義氏(漫画家「ペリリュー 楽園のゲルニカ」作者)
            竹内秀一氏(日本修学旅行協会・理事長)
            山本孝氏 (福岡県筑前町立大刀洗平和記念館館長)
           コーディネーター
            安藤広道氏(慶応大学文学部教授)
 
     ※当協会の理事長もパネリストとして登壇致します。
     どなたでも参加可能で、参加費は無料ですので奮ってご参加ください。
                          
○福岡開催
日時:令和2年2月10日(月)14時00分~16時30分

場所:福岡市天神・エルガーラホール7階 「中ホール」
 
 
2020-1-16

 子ども農山漁村交流プロジェクトセミナーご案内【終了】

 

 総務省、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局、文部科学省、農林水産省、環境省による連携事業「子供の農山漁村体験(子ども農山漁村交流プロジェクト)」は、農林漁業体験や宿泊体験、地域住民との交流を通じて、子供たちの生きる力を育むとともに、交流の創出による地域の再生や活性化を目的として、取組を推進しています。

 

◎令和元年度『子ども農山漁村交流プロジェクトセミナー』の開催
 
 子供の農山漁村体験の取組を拡大、推進するため、新たに取組をめざす団体をはじめ、さらに進展をめざす団体に、優れた取組の成果や課題解消に向けた創意工夫の事例のほか、国の支援施策等を情報提供するとともに、関係者間のネットワークを形成するため、セミナーが開催されます。
 行政職員、教育委員会職員、学校教職員、PTA、NPO関係者、受入地域団体、地域づくりや教育に関心のある方を対象としており、参加費は無料ですので奮ってご参加ください。
                          
○北海道開催
日時:令和2年2月7日(金)12時45分~16時50分

場所:札幌国際ビル8階 「国際ホール」  申込み・問合せ先
 
○岐阜県開催
日時:令和2年2月19日(水)12時45分~16時50分

場所:じゅうろくプラザ「中会議室2」   申込み・問合せ先

 

総務省:子ども農山漁村交流プロジェクトHP

 

2020-1-8

 北陸三県修学旅行説明会のご案内【終了】

     

 北陸三県(石川・福井・富山)、北陸経済連合会及び西日本旅客鉄道株式会社では、北陸新幹線金沢開業後、継続して関東エリアからの修学旅行誘致推進に取り組んでいます。

 このたび、北陸三県の教育旅行素材についての理解を一層深めるもらうため、各旅行会社の教育旅行担当者

向けの「2022年度修学旅行向け  北陸三県修学旅行説明会」が下記の通り開催されます。

 

1 日  時 2020年2月19日(水) 14時00分~18時00分 説明会・商談会(13時30分 受付開始)
                  18時10分~19時30分 懇親会(17時50分 受付開始)
2 場  所 ホテルメトロポリタンエドモント(千代田区飯田橋3-10-8)  *アクセスはこちら
        (説明会・商談会) 2階  悠久
                        (懇親会)  2階 万里
3 内  容 ・石川・福井・富山県内の修学旅行向け学習素材の紹介
       ・列車運行施策等のプレゼンテーション
       ・旅行会社と北陸三県市町・関係事業者との商談会
       ・懇親会(無料)
4 参加対象 旅行会社の教育旅行担当者
5 参加申込 別紙申込書に記入の上、2020年1月29日(金)までFAXまたはメールでお申込みください。
       *別紙申込書はこちら
6 そ の 他  申込みが定員を超えた場合は、人数が調整される場合があります。
 
【問い合せ先】北陸三県修学旅行誘致推進プロジェクト事務局
         福井県新幹線開業課 前  ℡0776-20-0546
         富山県観光振興室  梨木 ℡076-444-3382
         石川県誘客戦略課  松林 ℡076-225-1537
         JR西日本金沢支社 瀬川 ℡076-254-3017
         北陸経済連合会   狩野 ℡076-232-0472
 
http://jstb.or.jp/files/libs/1722/201911251537494564.jpg
2019-12-26
「京都観光ポスター(修学旅行用)配布のご案内
 
京都市・京都観光推進協議会では、学校関係者様・旅行業関係者様向けに修学旅行関連等の各種資料等を用意しております。
好評頂いております「京都観光ポスター」ですが、金閣寺、清水寺、四大行事、嵯峨(竹林) 、舞妓に加え、新たに東寺・妙心寺のポスターを作成しました。ぜひ積極的な活用をお願い致します。
ご希望の際は、注意事項・留意点を必ずご確認いただき専用フォームより、お申し込みください。

【注意事項・留意点】
  • 配送料につきましては、宅配便の着払いにより実費負担となりますので、ご了承ください(ポスターは、特に指定がない限り、他のお申し込み資料とは別に送りますので、別途配送料がかかります)。
  • 各資料の上限を超える数量につきましては、お申し込みいただけません。
  • 入力は必ず1学校ずつお申し込みください。まとめての入力は受付しておりません。
  • お届け先は、学校・旅行代理店・宿泊先となります。宿泊先・学校の場合、必ず担当者のお名前をご記入ください。
  • お申し込み受付が15時以降になりますと、翌日受付扱いとなります。
  • 発送は、申込書受領日の翌日から起算して、7営業日内(土日、祝日を除く)に行ないます。       必着受付は、致しません。お早めにお申し込みください。
 
【申込み先】
◆修学旅行資料のご案内
 
◆京都修学旅行ナビ
 
2019-12-22

 平成30年 福島県教育旅行入込調査報告

    について

 

 福島県観光交流課では、福島県への教育旅行の実態を把握するとともに、今後の対策に活用するため「福島県教育旅行入込調査」を毎年行い、このたび平成30年度の調査結果を公表しました。

 福島県では、会津地方を中心とした歴史学習や豊かな自然環境を生かした体験学習を推進し、延べ宿泊者数が年間約8千校、70万人を超える子どもたちを受け入れてきましたが、東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故による風評などの影響もあり、平成23年度は約2千校、13万人まで減少しました。

 今回の平成30年度の調査結果では、学校数が震災前の89.0%(7,047校)、延べ宿泊者数が同72.9%

(517,820人)まで回復しました。穏やかな回復傾向にあるものの、福島県の教育旅行を取り巻く環境は依然厳しい状況にあります。

 今後も、歴史学習、農業・農村体験、自然・環境学習など従来からの魅力的なメニューに加えて、震災及び原発事故を経験した福島県をフィールドとしたホープツーリズム(福島のありのままの姿(光と影)と各分野で復興に挑戦する人に焦点を当てたアクティブラーニング形式の教育プログラム)など、学びのテーマに応じた福島県ならではの教育プログラムとともに、教育旅行関係者を対象としたモニターツアーの実施や県外の校長会等での説明、福島県で教育旅行を実施した学校への取材を通して得た情報及び素材を効果的に活用した教育旅行PRパンフレット等により、福島の現状や学びの効果等について情報発信されます。

 

*平成30年度福島県教育旅行入込調査報告書については、下記のホームページよりご確認ください。
 ふくしま教育旅行 ⇒  https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/356946.pdf 

 

*調査報告書のポイント抜粋
・震災前の平成21年度と比較すると、学校数については  89.0%まで回復しましたが、延べ宿泊者数では、
 72.9%であり、平成21年度の水準には至っていません。
・所在都道府県別で見ると、東京都・埼玉県・千葉県で延べ宿泊者数全体の44.8%、学校数では24.2%、ま 
 た、隣接する宮城県・山形県・新潟県・茨城県・栃木県からも多く、宿泊者数全体の23.5%、学校数では
 22.0%を占めています。福島県内の学校が占める割合は、宿泊者数全体の21.6%、学校数では41.0%であ
 り、これら9都県で宿泊者数全の89.9%、学校数では87.2%に達します。
・延べ宿泊人数では、小学生が22.4%、中学生が33.2%、高校生が28.8%、大学生が15.6%となります。
・高等学校では、長期休業時のクラブ活動による合宿利用が多く、逆に小学校は長期休業期間外の学校行事が
 多く、中学校については、7月と5月が多くなっています。
 
*問い合わせ先 福島県観光交流局観光交流課 TEL 024-521-7398
 
2019-12-17
 【情報】首里城公園 利用区域拡大のお知らせ
 
 このたびの首里城の火災につきましては関係者および沖縄の皆様へ謹んでお見舞い申し上げます。
 
 火災の影響による施設情報が首里城公園管理センターより随時掲載・更新されております。
見学を予定されている学校様につきましては、最新情報を御確認のうえ御対応をお願い致します。
 
 1日でも早い再建を心よりお祈り申し上げます。
 
詳細・最新の情報は首里城公園管理センターHP→こちら をご覧ください。
 
首里城公園 重要なお知らせ
 
(以下2019年12月13日 更新掲載内容)
 

12 月14 日より公園利用区域を拡大いたします

 

首里城正殿における火災について

本事故により近隣住民および、お客様、関係各所におきましては多大なご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます。

《一部施設開園》
ハッチングエリア以外
京の内物見台から下之御庭の通路は、仮設施設等の設置により安全が確認できましたので、ご利用可能となります。今回約0.2haの開園で、首里城全体の開園面積は合計約10.0haとなります。

(火災前開園面積約11.9haの約8割)


※但し一部引き続き立入制限を設けている箇所があります。
※県営駐車場もご利用になれます。


※今後の開園・開場に関する最新情報につきましては、確認状況に応じてご案内いたします。

※首里城復興モデルコースも掲載されていますので、併せて御活用願います。

【お問い合せ先】
首里城公園管理センター
TEL:098-886-2020

 

 *日本修学旅行協会は主催者の構成団体です。
2019-12-17

 「第17回オーライ!ニッポン大賞」募集について

  【応募終了】

 

★オーライ!ニッポン(都市と農山漁村の共生・対流)とは?

 都市(まち)と農山漁村(むら)の往来(おうらい)を活発にすることで、日本の元気(All right)をめざす国民運動です。「共生」は都市と農山漁村が共に支え合う様を、「対流」は相互の交流が絶え間なく繰り返される様を、表現しています。
 

 「オーライ!ニッポン大賞」は、都市と農山漁村を往来する新たなライフスタイルの普及や定着化を図るため、日本各地で都市と農山漁村の交流を盛んにする活動に積極的に取り組んでいる団体、個人を表彰するものであり、募集は「オーライ!ニッポン大賞」(募集対象:団体・個人)と「オーライ!ニッポンライフスタイル賞」(募集大賞:個人)の2種類があります。審査は学識経験者などで構成される審査委員会によって行います。

 

◆オーライ!ニッポン大賞
 都市と農山漁村の共生・対流に関する優れた取組を表彰します。3つの部門があり、個人でも団体でも応募できます。団体は法人格の有無を問いません。(部門を重複して応募できます)

 ・学生・若者カツヤク部門 ~ 主に30代までの若者の活躍により推進されている活動。
 ・都市のチカラ部門 ~ 主に都市側からの働きかけによって推進されている活動。
 ・農山漁村イキイキ実践部門 ~ 主に農山漁村側からの働きかけによって推進されている活動。


◆オーライ!ニッポン ライフスタイル賞
 UJIターンにより都市部から移住するなどして、農山漁村で魅力的なライフスタイルを実践している個人を表彰します。
 

募集期限:2020年1月31日(金曜日)まで(当日消印有効)

 
応募の詳細については下記HPをご覧ください。
 

*お問合せ (一財)都市農山漁村交流活性化機構(まちむら交流きこう)オーライ!ニッポン事務局

        TEL:03-4335-1985  FAX:03-5256-5211  E-mail:ohrai@kouryu.or.jp

 

 

2019-12-12
 ウポポイ(民族共生象徴空間)の学校団体入場予約受付開始について
 
 ウポポイ(民族共生象徴空間)は、令和2年4月24日、北海道白老町(しらおいちょう)ポロト湖畔に誕生するアイヌ文化復興・創造の拠点です。
 教職員が引率する学校団体が、学校行事として利用する場合には事前予約が必要ですが、令和元年12月16日(月)9:00より受付を開始することが決まりました。
 
 学校団体の予約方法につきましては、ホームページをご覧ください。
(ホームページはこちら ⇒ https://ainu-upopoy.jp/ )
左側面の目次「学校団体予約」をクリックし、学校団体向けプログラム(無料プログラム2種類、有料プログラム4種類)についてご確認いただき、学校団体予約申込書に入力の上、団体予約受付センター(受付開始
                  日に公開する団体申込用アドレス)にメールで予約申込みをして下さ
                                                   い。予約調整後、団体予約受付センターより予約受付回答書がメールで
                                                   届きます。
       【無料プログラム】・伝統芸能上演 ・グループレクチャー はじめてのアイヌ博
       【有料プログラム】・食事体験 ・ムックリ演奏体験 ・ムックリ製作体験 ・刺繍等体験
 
 民族共生象徴空間の愛称「ウポポイ」は、アイヌ語で「(おおぜいで)歌うこと」を意味します。
 ウポポイの主要施設は次のとおりです。
  • 国立アイヌ民族博物館 ~ 先住民族アイヌを主題とした日本初の国立博物館。アイヌ民族の視点で語る多彩な展示で歴史や文化を紹介します。
  • 国立民族共生公園 ~ 体験型フィールドミュージアムとして、古式演舞の公演や多様な体験プログラムを通じて、アイヌ文化を体感できます。
  • 慰霊施設 ~ アイヌの方々による尊厳ある慰霊を実現するための施設として、ポロト湖東側の高台に整備されます。
 

http://jstb.or.jp/files/libs/1722/201911251537494564.jpg
2019-12-12
観光教育副読本「観光でまちを元気に!日本・ふるさと
  再発見!」用のご案内
 
(公財)日本観光振興協会は、小学校高学年~中学生向けに教育現場でご活用いただくために観光教育副読本を作成いたしました。
下記よりダウンロードができますので、ぜひご活用ください。
冊子をご希望の方は下記注意事項をご覧いただき、申込書をご記入の上、メールまたはFAXにてお申込みください。

※1団体当たりの配布上限は100部までとさせていただきます。100部以上をご希望の方はお問い合わせ先までご連絡ください。
※冊子は無料で配布いたします。
※納品時期についてはご依頼から1週間程度となります。
※冊子については在庫がなくなり次第終了となります。
 
◆日本観光振興協会H P:
 
◆観光庁・観光教育の普及に向けて:
 
2019-12-05
 情報】カップヌードルミュージアム 横浜/大阪池田 
  2020年4月より「マイカップヌードルファクトリー」体験無料(学校教育利用の場合)
      
カップヌードルミュージアム様より、以下情報を頂きましたのでご案内致します。
 
◆カップヌードルミュージアム 横浜/大阪池田
【学校教育でのご利用について】
小学校、中学校、高等学校の学校教育でご利用いただく場合、
2020年4月1日(水)より
新たに「マイカップヌードルファクトリー」が無料で体験いただけます。
また、「チキンラーメンファクトリー」については、引き続き無料で体験いただけます。
学校教育でのご利用時のご予約、お問合せは、予約専用ダイヤルにて受け付けます。
 
 
 
◇横浜
 [予約専用ダイヤル] 045-345-0825 (10:00〜18:00、休館日を除く)
 
◇大阪池田
 [予約専用ダイヤル] 072-751-0825 (10:00〜16:30、休館日を除く)
 

2019-12-05
奈良県 修学旅行資料改訂のご案内
 
 奈良県では、修学旅行等で奈良県にお越しになる学校様向けに事前学習用の資料を準備しております。
 一部、資料の改訂をしましたので、是非御活用願います。
 
- 奈良県の修学旅行資料改訂について -
 
【 奈良修学旅行用スポットガイド 】
 奈良の班別自主活動などで周遊できるようポケットサイズになっています。
奈良の主要スポットの概要を、ポイントをふまえて分かり易く紹介し、写真やアクセス、連絡先情報などを
あわせて紹介しています。
<改訂のポイント>
 2016年に開館した「キトラ古墳壁画体験館四神の館」や、2018年に整備された「平城宮跡歴史公園
朱雀門ひろば」、また2018年に落慶した「興福寺中金堂」など、奈良の最新スポットの情報が新たに追加
されました。
 また、奈良市内を循環する「ぐるっとバス」が2019年4月より平日も運行を開始、そのルートを掲載するなど、奈良の班別自主活動で更に役に立つ内容となりました。
 
【 奈良時間旅行 】
 奈良市内の修学旅行に関する情報が満載のガイドブックです。
奈良市内の地図や体験プログラムも掲載されておりますので、この一冊で奈良市内の班別自主活動は安心です!
<改訂のポイント>
 従来のデザインを一新し、各スポットの様子などが更にわかりやすくなりました。
 また、各スポットの見学ガイドや「奈良時間旅行日記」には、事前学習や見学中に感じたことをすぐに書き
留められるようメモ欄も追加されました。
 更に、事前・事後学習のヒントや活動中に役に立つ写真撮影テクニック&見学・体験マナーを解説するなど、盛りだくさんの内容となりました。

◆資料の請求や資料内容の詳細は、下記よりお願いいたします。
https://www.mahoroba-kan.jp/useful.html
 
2019-11-25
 沖縄修学旅行フェア2019 in 大阪(12/26)の開催に
    ついて
   《当フェアは終了しました》  
 沖縄県及び一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー(会長:下地芳郎)は、学校関係者および旅行会社担当者を対象に、沖縄修学旅行の魅力や、学習効果を広く発信し、積極的な相談を行うことを目的とし「沖縄修学旅行フェア2019 in大阪」を下記の通り開催します。
「生きる力を育む~おきなわで学び、感じ、未来を創造する~」をテーマに掲げ、市町村観光協会や受入施設等による地域連携の取組を紹介するほか、会場では、沖縄県内の修学旅行受入事業者が北部・中部・南・離島のエリアごとにブースを構え、沖縄修学旅行に関する相談や質問に直接対応します。 
 また、実際に沖縄修学旅行を実施している学校からの事例発表(2校)など、様々な角度から沖縄修学旅行の魅力が紹介されます。
                                     
1 日 時 12月 26日(木) 13:00~18:00  *開催時間内は、入場・退場・再入場が自由です。
2 会 場 ハービスOSAKA B2F ハービスHALL(最寄JR大阪駅) 
       〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番25号
3 主 催  沖縄県
        一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー
4 出展社 沖縄県内各地域観光協会及び修学旅行関連事業者 52社  
5 内 容 13:00~ 開会セレモニー
       13:15~14:00 事例発表1 田原本町立田原本中学校
       14:05~14:50 事例発表2 奈良教育大学附属中学校
       14:55~16:22 出展社プレゼンテーション(6社) 
       18:00 フェア終了
                 *13:15~18:00は、自由に各ブースを巡り説明を受けることができます。
6 お申込み
     ・参加申込みはWebもしくはFAXにてお願いします。
      沖縄観光コンベンションビューローの ホームページへは こちら から。
      FAX 098-941-0397 
               参加申込書・参加企業一覧・会場案内図は こちら をご覧ください。
7 その他
    ・遠方から来場される学校関係者様に対して、会場までの交通費の一部助成があります。
               交通費助成のご案内も 沖縄観光コンベンションビューローの ホームページをご覧ください。
8 お問い合せ
       一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー
               〒901-0152 沖縄県那覇市字小禄1831番地1 沖縄産業支援センター2階
                                 「沖縄修学旅行フェア2019」事務局 担当:金城/神谷/阿嘉
              (本社)TEL:098-859-6125 FAX:098-859-6222 Email : shuryo@ocvb.or.jp
              (東京事務所)TEL:03-5220-5311 FAX:03-5220-9720 担当:高橋/赤坂
               ※営業時間 平日:9時~17時、定休日:土・日・祝祭日(年末年始12/29~1/3)
 
2019-11-25
江戸東京博物館 バスでの来館受入中止のお知らせ
 令和2年4月1日~令和2年10月中(予定)
 
東京都江戸東京博物館より、東京オリンピック開催に伴うバスでの来館受け入れ中止に関する案内が発信されております。
東京江戸博物館へのバス駐車場(駐車・乗降)が出来ませんので、利用の際の計画立案等ご注意願います。
  
1.バスでの来館受入れ中止期間 
   令和2年4月1日~令和2年10月中(予定)
   ※中止期間が変更となる場合はHP等でお知らせ
 
2.受け入れ中止の理由
   東京江戸博物館駐車場等においてオリンピック関連設備が仮設置されるため
 
3.内容
   バスでのご来館受け入れの中止(バスの駐車、敷地内でのバスの乗降が出来ません)
   ※近隣する道路上でのバス乗降は、警察からの指導も受けているためご遠慮下さい
 
4.その他
   1階正面玄関の閉鎖
   令和2年6月1日以降は、1階正面玄関が閉鎖となります
   1階からの入館は、北川出入口(洋食レストラン「三笠會舘」そば)からとなります
   3階からの入館は従来通りです
 
      江戸東京博物館 H P: https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/
 
2019-11-19
 【情報】ローマ法王来日に伴う警備について/2019年11月23日(土)~26日(火)
      
観光庁より、ローマ法王来日に伴う警備協力について、日本旅行業協会へ警備協力の周知依頼がありましたのでご案内致します。
 
 11月23日(土・祝)から11月26日(火)まで、ローマ法王フランシスコ台下(ローマ法王)来日に伴い警備強化がされます。
該当の訪問先(東京・長崎・広島)および各空港(羽田・長崎・広島)に関しましては、警備強化につき交通規制等が想定されます。
修学旅行等の実施の際は、ご注意いただくと共に各空港へは余裕をもって行くよう御案内願います。
 詳細につきましては、下記をご覧ください。
 
 >>ローマ法王来日に伴う警備協力について
 *PDFファイル
 

2019-11-18
 沖縄修学旅行説明会2019 in 長野 (12/11)の開催に
   ついて
   《当説明会は終了しました》       
 沖縄県及び沖縄観光コンベンションビューロー(会長:下地芳郎)は、
沖縄修学旅行の魅力や学習効果を広く発信することを目的に、学校関係者や旅行会社担当者を対象とした「沖縄修学旅行説明会2019 in長野」
を開催いたします。
 「生きる力を育む~おきなわで学び、感じ、未来を創造する~」を
テーマに掲げ、地域の観光協会、修学旅行受入事業社等によるプレゼンテーション、出展者との個別相談会を予定をしています。
 
1 日時 12月 11日(水)  ※開始15分前より受付開始
    [第一部]旅行会社向け    10:00~12:00
    [第二部]学校関係者向け  15:00~17:00 
2 会場 JA長野県ビル12F(12E会議室)(〒380-0826 長野県長野市大字南長野北石堂町1177-3)
     *お車でお越しの方は、JA長野県ビルホール併設の有料駐車場をご利用ください。
     (説明会終了後にスタッフより駐車無料券をお渡しいたします)
3  参加費  無料 ※入退場自由
4 主催  沖縄県
       一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー
5 内容  ① 沖縄修学旅行支援事業のご紹介(10分) 沖縄観光コンベンションビューロー 
     ② 地域観光協会・修学旅行受入施設によるプレゼンテーション(各20分)
   1.基地のまちならではの平和学習をご提案   沖縄市観光物産振興協会
      今も続く戦後として沖縄が抱える矛盾や現状を分かりやすく解説
   2.~おきなわ世界塾~  青年海外協力協会
          青年海外協力隊の多様な視点で学ぶ平和学習とSDGs
   3.ブセナの海に生息するサンゴや魚を観察し自然の豊かさと環境保全を学ぶ ブセナ海中公園
     ③ 静岡空港を利用した沖縄修学旅行のご提案 静岡県文化・観光部 空港振興局 空港振興課
     ④ 個別相談会(30分~)
      ※興味のある地域観光協会・修学旅行受入施設担当者と直接ご相談ください。
6  出展社  沖縄市観光物産振興協会、オキナワグランメールリゾート、浦添市観光協会、
     青年海外協力協会、ブセナ海中公園、静岡県文化・観光部 空港振興局 空港振興課
7  お申込み  参加申込みはFAXもしくはE-mailにてお願いします。
  申込締め切日:12月10日(火)  FAX 098-859-6222 E-mail  shuryo@ocvb.or.jp
  参加申込書は こちら をご覧ください。
      沖縄観光コンベンションビューローのホームページは   https://education.okinawastory.jp/3412/
8 お問合せ 沖縄観光コンベンションビューロー 沖縄修学旅行説明会2019事務局
            担当 神谷、金城、阿嘉 TEL 098-859-6125 FAX 098-589-6222
 

【情報】首里城火災に伴う沖縄修学旅行訪問提案コースについて

2019-11-18
 【情報首里城火災に伴う沖縄修学旅行訪問提案コースについて
 
 このたびの首里城の火災につきましては関係者および沖縄の皆様へ謹んでお見舞い申し上げます。
 
 沖縄観光コンベンションビューローより、首里城代替の訪問先情報が発信されています。
 以下情報を確認頂き、コースづくり等の参考になれば幸いです。
 
 首里城公園内の一部施設を開園しておりますが、立入制限を設けているエリアもある状況であり、訪問を予定していた修学旅行実施校におかれまして代替訪問先をお探しの際には、下記の通り代替訪問コースの提案を行っております。
 
◆おきなわ修学旅行ナビ
 
首里城火災に伴う沖縄修学旅行訪問提案コースについて
 
 
また、火災の影響による施設情報が首里城公園管理センターより随時掲載・更新されております。
見学を予定されている学校様につきましては、最新情報を御確認のうえ御対応をお願い致します。
 
詳細・最新の情報は首里城公園管理センターHP→こちら をご覧ください。
 
 1日でも早い再建を心よりお祈り申し上げます。
 
 

2019-11-18
国立劇場 12月文楽鑑賞教室のご案内
   《当鑑賞教室は終了しました》
 国立劇場では、2019年12月に文楽鑑賞教室を開催します。
 文楽鑑賞教室は初めて文楽をご覧になる中高生でも楽しめるように、初心者向けの解説と初めての方でも興味を抱きやすい文楽の名作の上演との構成です。料金が1,500円と安価で、上演時間も2時間程度と短めの設定であることも魅力の一つとあり、毎年多くの学校で修学旅行や芸術鑑賞といった学校行事として利用されています。
 今回は、恋人のために命がけで半鐘を打つ娘・お七を描いた「伊達娘恋緋鹿子」と、平家物語で知られる様々なエピソードを江戸時代前半を代表する近松門左衛門が劇化した「平家女護島」が上演されます。
 日時・料金等、詳細については下記の公演情報および国立劇場HPを ご参照ください。観劇のご相談、お申し込みは下記の連絡先までお問合せください。
(団体予約は受付中です。)
  
公  演  名: 国立劇場12月文楽鑑賞教室
 プ ロ グ ラ ム : 「伊達娘恋緋鹿子」
          〔解説〕文楽の魅力
         「平家女護島」(鬼界が島の段)
日     時: 2019
年12月3日(木)~12月18日(火) 午前の部:11時開演 午後の部:14時開演
         ※7日、9日、10日、14日、16日、17日は午前の部のみ
料金(全席均一): 学生 1,500円 PTA・団体 3,400円 一般個人4,100円 
連    絡    先: 国立劇場 営業部 営業課 TEL03-3265-6751(平日9:30~18:15) 
 
2019-11-13

 小笠原教育旅行説明会(12/19東京、12/20大阪)の開催について

    《当説明会は終了しました》 

 小笠原村観光局は、修学旅行誘致促進を目的として、小笠原教育旅行説明会を下記により開催します。

 小笠原諸島は、独自の進化を遂げた唯一無二な生態系の世界的な価値が認められ、2011年6月に世界自然遺産登録されました。また、最初の定住者が日本人ではないなどのユニークな歴史を背景に、独特の文化を育んでおり、そうした歴史や文化、世界自然遺産の自然を身近に感じ、体験できる場所として、近年は教育旅行の目的地として注目されております。

 更に、2016年7月に定期船「おがさわら丸」がより大きく、より早く、より快適に生まれ変わったことで、全国各地からのアクセスも飛躍的に改善されました。

 当日は、小笠原諸島の関係者から、最新の現地情報等を直接聞いていただくことができます

 

1 日時・会場
 ・東京会場  12月19日(木) 東京港竹芝桟橋客船ターミナルビル及び、おがさわら丸船内
         14:30~18:00(船の運航状況により終了時間が遅れる可能性がございます。) 
        ※竹芝桟橋から「おがさわら丸」に乗船します。一般立ち入り禁止区域での開催となる
         ため、途中参加、途中退場はできません。
 ・大阪会場  12月20日(金) 大阪私学会館 308会議室 大阪府大阪市都島区網島町6-20
         14:00~16:30 
 

2 主 催         小笠原村産業観光課、小笠原村観光局

 

3 参加対象者 公立・私立高等学校、私立中学校、専門学校、大学(ゼミ合宿)関係者     

 

4 内 容         小笠原教育旅行全般に係る紹介、質疑応答、おがさわら丸船内見学(東京会場)

 

5 お申込み    参加申込書にご記入の上、12月16日(月)までにFAXにてお申し込みください。

         FAX:03-3433-1525

           ご案内 こちら 、参加申込書は こちら 
 
6 お問い合せ 小笠原村観光局 TEL:03-5776-2422   FAX:03-3433-1525
 
*日本修学旅行協会はこの説明会を 後援しています。
2019-11-12
  北海道教育旅行説明会・相談会12/10東京、12/11
  名古屋、12/12大阪)の開催について
        《当説明会・相談会は終了しました》        
 北海道と北海道観光振興機構では、東京・名古屋・大阪において、
学校関係者と旅行会社の教育旅行担当者を対象に、北海道教育旅行アドバオザーによる講演の他、新学習指導要領に基づく北海道の取組みや学習コンテンツ等の説明会・相談会を開催します。
 
1 日時・会場 
 ・東京会場  12月10日 (火)  TKP品川カンファレスセンター
           (東京都港区高輪3-26-33 京急第10ビル8階)
 ・名古屋会場 12月11日 (水)  AP名古屋.名駅
         (名古屋市中村区名駅4-10-25 名駅IMAIヒビル)
 ・大阪会場  12月12日 (木)  AP大阪梅田茶屋町
         (大阪市北区茶屋町1-27 ABC-MART梅田ビル8階)
2 主催 ・北海道  
                      ・公益社団法人北海道観光振興機構
3 内容
   (第一部)説明会  ・北海道教育アドバイザーによる講演
                   ・北海道教育旅行の取組
           ・北海道学習コンテンツ紹介 等
                    *各会場での詳細についてはこちらをご覧ください。⇒ 東京会場名古屋会場大阪会場
  (第二部)ブース相談会    学校関係者、旅行会社教育旅行担当者と、北海道の市町村、観光協会、受入れ
               事業者との個別相談会です。(北海道各地域から30団体程度参加します。)
   *説明会は14:00~15:30 相談会は15:40~17:30                                              
4 お申込み 
  ・参加申込書にご記入いただき、FAXにてお申込みください。    FAX:011-221-6564 
  ・参加申込書(学校関係者用)は こちら。⇒ 東京会場名古屋会場大阪会場
5 お問合せ
   一般社団法人 北海道体験観光推進協議会 担当 岩川・伊藤
          TEL:011-222-1412  Eメール:info@do-taike.jp     
 

【情報】首里城公園(有料施設を含む園内施設) 臨時休園・休場のお知らせ

2019-11-05
 【情報】首里城公園 一部施設開園のお知らせ
 
 このたびの首里城の火災につきましては関係者および沖縄の皆様へ謹んでお見舞い申し上げます。
 
 火災の影響による施設情報が首里城公園管理センターより随時掲載・更新されております。
見学を予定されている学校様につきましては、最新情報を御確認のうえ御対応をお願い致します。
 
 1日でも早い再建を心よりお祈り申し上げます。
 
 
詳細・最新の情報は首里城公園管理センターHP→こちら をご覧ください。
 
 
首里城公園 一部施設開園のお知らせ
 
 
(以下2019年11月04日 更新掲載内容)

 

首里城公園 一部施設開園のお知らせ

首里城正殿における火災について

本事故により近隣住民および、お客様、関係各所におきましては多大なご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます。

首里城正殿火災の影響により、首里城公園(有料施設を含む園内施設)は臨時休園・休場していましたが、明日11月5日(火)より一部施設を開園します。

《一部施設開園》
11月5日(火)8:00から
ハッチングエリア以外
※但し一部引き続き立入制限を設けている箇所があります
※県営駐車場もご利用になれます。

 

明日より開館する首里杜館は総合案内所やレストラン、カフェ、ショップ、駐車場など首里城公園のレストセンターとなっております。
 開館時間(11月)
 8:00~19:30 ※駐車場は20:00まで

※今後の開園・開場に関する最新情報につきましては、確認状況に応じてご案内いたします。

【お問い合せ先】
首里城公園管理センター
TEL:098-886-2020

【情報】首里城公園(有料施設を含む園内施設) 臨時休園・休場のお知らせ

2019-10-31
 【情報】首里城公園(有料施設を含む園内施設) 臨時休園・休場のお知らせ
 
 このたびの首里城の火災につきましては関係者および沖縄の皆様へ謹んでお見舞い申し上げます。
 
 火災の影響により臨時休園・休場の情報が首里城公園管理センターより随時掲載・更新されております。
見学を予定されている学校様につきましては、最新情報を御確認のうえ御対応をお願い致します。
 
 1日でも早い再建を心よりお祈り申し上げます。
 
 
詳細・最新の情報は首里城公園管理センターHP→こちら をご覧ください。
 
 
(以下2019/10/31掲載内容)
首里城正殿における火災について
 
本事故により近隣住民および、お客様、関係各所におきましては多大なご迷惑をおかけし、
深くお詫び申し上げます。
 
首里城正殿火災の影響により、首里城公園(有料施設を含む園内施設)は
本日朝から臨時休園・休場させていただきますのでお知らせいたします。

《臨時休園・休場》
10月31日(木)朝から
首里城公園(有料施設を含む園内施設)
 
※詳細については現在確認中でございます。
今後の開園・開場に関する最新情報につきましては、確認状況に応じてご案内いたします。

【お問い合せ先】
首里城公園管理センター
TEL:098-886-2020
 

2019-10-23
 九州修学旅行現地視察会の参加者募集について 
  《視察は終了しました》           
 九州観光推進機構では、学校関係者の方に九州への修学旅行の参考として頂くための「九州修学旅行現地視察会」を実施します。修学旅行候補地の一つとして九州各県を視察し、地元関係者などとの交流を通じて生きた情報を収集できる絶好の機会になります。
 今回の視察会では、長年にわたり環境への取組みを進めSDGs先進都市にも選定されている北九州市での環境学習、また留学生との英語コミュニケーションによる温泉都市別府の魅力の探究プログラム、そして特攻隊員の思いに触れながら平和を学ぶ大刀洗平和記念館等、福岡・大分方面ののプログラムを見ていただく予定です。
▼日 程 = 2019年12月21日(土)~22日(日)(1泊2日)
▼対 象 = 主に関西・中国地区の中学校教職員の方
                 (募集人員15名程度)    
▼コース = 12月21日(土)
      新大阪駅(8:00頃)→岡山駅(8:45頃)→小倉駅→エコタウンセンター(次世代エネルギーパーク等
      北九州市修学旅行プログラム視察)→別府市内泊
      12月22日(日)
      ホテル→別府GEPプログラム(留学生との探究型まち歩き体験)→別府地獄めぐり→(昼食)→
                     大刀洗平和記念館→新鳥栖駅→岡山駅(18:30頃)→新大阪駅(19:30頃)
       *予定につき、行程や時間は一部変更の場合もあります。
▼費 用 = 15,000円  
                *費用には新幹線駅から現地への往復交通費、現地での移動交通、食事、宿泊費、入場・体験費用
                   保険料を含みます。
      *終了後レポート提出で原稿料が支払われます。
                *レポートは、視察先の感想や九州への修学旅行に対するご意見等をA4用紙1枚程度で提出頂く
                   予定です。
▼主 催 = 一般社団法人 九州観光推進機構
▼協 力 = 株式会社 教育家庭新聞
▼参加条件 = 九州への修学旅行をご検討されている学校関係者の方
                *現在九州以外で修学旅行を実施し、今後九州への方面変更を検討している学校の先生方
                 (原則として1校あたり1名様で受付いたします。)
                *九州観光推進主催の視察会に初めて参加される方が優先されます。
▼応募方法 = 申込用紙に必要事項を記入しFAXで送信して下さい。
              *申込用紙は  こちら 。 FAX:024-522-0051
              *ホームページからのお申し込みも可能です。                   
                   https://www.kknews.co.jp/post_boshu/20191221 (教育家庭新聞ホームページ内)
▼締め切り = 2019年11月7日(木)まで
              *募集人員を超えて応募があった場合は抽選にて決定し、後日結果をお知らせします

▼問い合せ先 = 九州観光推進機構 国内誘致推進部 担当:宮原・原

              *TEL:092-751-2946 E-mail:t-miyahara@welcomekyushu.jp 

 

2019-10-18
 第15回エコツーリズム大賞の募集について
       《募集は終了しました》   

 環境省と一般社団法人日本エコツーリズム協会が主催する、第15回

エコツーリズム大賞の募集が始まりました。「エコツーリズム」とは、自然環境や歴史文化を体験し、学ぶとともに、地域の自然環境や歴史

文化の保全に責任を持つ観光のありかたです。

 エコツーリズム大賞は、エコツーリズムに継続的に取り組んでいる

企業、事業者、団体、自治体、個人などを対象に、優れた取組を表彰し、広く紹介するもので、全国のエコツーリズムに関連する活動の質的・量的向上及び、情報交換等による関係者の連帯感の醸成を図るこ

とを目的としています。教育旅行でエコツーリズムに取り組む学校も

対象になります。

 今回新たに、連名での応募も可能になり、企業と地域が連携した取

り組みに対して表彰する「パートナーシップ賞」も新設されました。

 

・応募要項や審査基準等については こちら をご覧ください。応募用紙①は こちら 、②は こちら
・応募期限 令和元年11月29日(金)

・お問い合せ   エコツーリズム大賞審査委員会事務局(一般財団法人日本エコツーリズム協会)

                    〒141-0021 東京都品川区上大崎2-24-9 アイケイビル3F

                  TEL 03-5437-3080 FAX 03-5437-3081 E-Mail  award@ecotourism.gr.jp

*詳細はホームページをご覧ください。 https://ecotourism.gr.jp/award/

 

2019-10-17

 高知県教育旅行説明会(12/2東京)の開催について

         《当説明会は終了しました》     

 公益財団法人 高知県観光コンベンション協会では、首都圏からの修学旅行誘致促進を目的として、首都圏の学校関係者並びに旅行会社の教育旅行担当者を対象に、高知県教育旅行説明会を下記により開催します。

 数多くの体験型学習プログラムをはじめ、偉人たちを育んだ土佐の地で、未来を担う若者たちのかけがえの

ない思い出づくりのために、修学旅行の新たな方面として検討いただけるよう、地域ごとの教育旅行素材、体験型学習プログラムのプレゼンテーションや高知県内の観光事業者と旅行会社担当者との商談会及び意見交換会が

予定されています。

 

○日  時    令和元年12月2日(月)15:00~19:45
○場  所    京王プラザホテル東京   住所:東京都新宿区西新宿2-2-1 TEL 03-3344-0111 
                     (新宿駅西口より徒歩5分)
○時  間    第1部 15:00~16:20 商談会(旅行会社向け)         4階「花A」
   第2部 16:30~17:50 説明会(旅行会社および学校関係者向け) 4階「花BC」
                                                         本県内の地域毎に教育旅行素材を紹介
                   第3部 18:00~19:45 意見交換会(全体懇親会)        4階「花A」
                                ※参加人数により、各部会場が入れ替わる場合があります。
○参 加 費     無料(但し、会場までの交通費はご負担ください)
         尚、会場の都合により定員になり次第締め切らせていただく場合があります。
○参加申込    別紙申込書に必要事項を記載の上、10月25日(金)までにFAXにてお申込み下さい。
       FAX 088-873-6181

               学校関係者向けご案内は こちら。申込書(参加出欠回答書)は こちら。

       旅行会社担当者向けご案内は こちら。申込書(参加出欠回答書)は こちら。

問い合わせ先  (公財)高知県観光コンベンション協会 TEL 088-823-1434 担当:山岡・松井

                〒780-8570 高知市丸ノ内1-2-20 高知県庁本庁舎5階

2019-10-15
 【情報】2019年10月19日(土)~26日(土)
  即位礼正殿の儀の挙行に際して、東京国際空港・成田国際空港利用についてのお願い
 
 即位礼正殿の儀等の挙行に際し、多くの外国元首・祝賀使節等が来日のため首都高速、一般道、
空港周辺において交通規制が実施されます。
 修学旅行等の実施の際は、ご注意いただくと共に両空港へは余裕をもって行くよう御案内願います。
 
 国土交通省:「東京国際空港・成田国際空港利用についてのお願い」→こちら をご覧ください。
 

2019-10-11
 沖縄修学旅行説明会2019 in 新潟(11/7)・北陸(11/21)の開催について
       《当説明会は終了しました》 

 沖縄県及び沖縄観光コンベンションビューロー(下地芳郎 会長)では、沖縄

修学旅行の魅力や学習効果を広く発信することを目的に、学校関係者や旅行会社

担当者を対象とした「沖縄修学旅行説明会2019」を新潟と福井で開催します。
 「生きる力を育む~おきなわで学び、感じ、未来を創造する~」をテーマに

掲げ、地域の観光協会、修学旅行受入事業社等によるプレゼンテーションに加え、出展者との個別相談会も予定されています。
 

 *主催 沖縄県・一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー

 いずれの会場も開始15分前より受付開始、参加費無料、入退場自由

 

【新潟会場】1.日時 11月 7日(木) 〔第一部]旅行会社向け  10:00~12:00

                  [第二部]学校関係者向け  15:00~17:00 
                  2.会場 プラーカ3地下1階(Room A)(〒950-0917 新潟市中央区天神1-1)
 

【北陸会場】1.日時 11月 21日(木) [第一部]旅行会社向け   10:00~12:00
                    [第二部]学校関係者向け  15:00~17:00 
                  2.会場 ホテルエコノ福井駅前2階(会議室AB)
                            (〒910-0859福井市日之出1-1-17/TEL:0776-23-5300)
*説明会の内容・参加申込書は各会場のチラシをご覧ください。 
*お申込みは、FAX または E-Mail にてお願いします。
  FAX: 098-859-6222 E-Mail: shuryo@ocvb.or.jp
 
【新潟会場】 内容は こちら。 参加申込書は こちら。 。
【北陸会場】 内容は こちら。 参加申込書は こちら。
 

*お問合せ先 (一財)沖縄観光コンベンションビューロー

       沖縄修学旅行説明会2019事務局 担当:神谷/金城/阿嘉

           TEL 098-859-6125 FAX 098-589-6222
 

 

2019-10-2
 「第13回 産業観光まちづくり大賞」の受賞団体が
      決定しました。
        
 全国産業観光推進協議会・日本観光振興協会が募集した、「第13回産業観光まちづくり大賞」の受賞団体が決定しました。
 産業観光まちづくり大賞は、「産業観光(産業遺産や、現在稼働している工場・工房などを活用した観光)」による観光まちづくりを実践し、他の地域の模範となる優れた事例を表彰する制度で、平成19年度に創設され、今回で13回目を迎えました。金賞、 経済産業大臣賞 、観光庁長官賞、 銀賞 、奨励賞 を受賞したのは下記の団体です。
 
 「金賞」       広田湾遊漁船組合 (広田湾漁業協同組合)
                               (岩手県陸前高田市)
 「経済産業大臣賞」  株式会社 能作 (富山県高岡市)
 「観光庁長官賞」   志摩市 (三重県志摩市)
 「銀賞」                 オタフクソース株式会社 Wood Egg お好み焼館 (広島県広島市)
 「奨励賞」              武蔵野市・ 一般社団法人 武蔵野市観光機構 (東京都武蔵野市)
 
 各受賞団体の取組みの詳細は、こちら をご覧ください。また、受賞された多くの団体は、教育旅行も対象にしています。
 同協会の産業観光ガイドでは全国の産業観光施設を検索することができます。
 http://www.nihon-kankou.or.jp/sangyou/                 
                                       
当協会は「旅行地理検定」を後援しています
2019-9-24

 「第50回旅行地理検定」試験の日程について

      《受付は終了しました》                

 「旅行地理検定」は、旅先の知識を豊かにし、旅をより楽しく充実したものにすることを目的にスタートし、今回で50回目を迎えました。この間、旅行愛好家や旅行

業をめざす方々、旅行会社・関係企業・団体の多くの方から「地理検」として親しまれ、受験者は延べ24万人を超えています。
 試験の内容は国内地理および海外地理の2種類です。それぞれ4級から1級に分かれていて、
旅行地理に関する知識・教養のレベルを知ることができます。国内・海外

1級の最高得点者には、「旅行地理博士」の称号が授与されます。

  受験方法は、全国6ヶ所(札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡)での会場受験とインターネット受験があり、ご自分に合った受験方法を選んでいただけます。
 
 第50回旅行地理検定は、2019年12月1日(日)に試験を実施します。
 受付期間は、2019年10月1日(火)から10月29日(火)までとなります。
 (郵送の場合は、消印有効)
 実施要項の詳細は、右記URLにてご確認くださいhttps://www.chirikentei.jp/
 
2019-9-18
 【情報】2019年10月20日(日)~25日(金)
  即位礼正殿の儀の挙行に際しての、祝賀使節団来日に伴う交通規制
 
 即位礼正殿の儀等の挙行に際し、多くの外国元首・祝賀使節等が来日のため首都高速、一般道、
空港周辺において交通規制が実施されます。
 修学旅行等の実施の際は、ご注意いただくと共に余裕をもって行動されるようお願い致します。
 
 警視庁:「外国要人の多数来日に伴う交通規制」→こちら をご覧ください。
 首相官邸:「外国元首・祝賀使節等の来日に伴う交通対策」こちら をご覧ください。
 

2019-9-13
 ウポポイ(民族共生象徴空間)の入場料 等が決定しました
 
 ウポポイ(民族共生象徴空間)は、2020年4月24日、北海道白老町(しらおいちょう)ポロト湖畔に誕生 するアイヌ文化復興・創造の拠点です。
 愛称「ウポポイ」は、アイヌ語で「(おおぜいで)歌うこと」を意味します。
  ウポポイの主要施設は次のとおりです。
  • 国立アイヌ民族博物館
    先住民族アイヌを主題とした日本初の国立博物館。アイヌ民族の視点で語る多彩な展示で歴史や文化を紹介します。
  • 国立民族共生公園
    体験型フィールドミュージアムとして、古式演舞の公演や多様な体験プログラムを通じて、アイヌ文化を体感できます。
  • 慰霊施設
    アイヌの方々による尊厳ある慰霊を実現するための施設として、ポロト湖東側の高台に整備されます。
 
 今回、ウポポイの営業日・営業時間、入場料が決定しました。高校生の入場料は、個人600円、団体は480円、中学生以下は無料です。その他詳細は、「営業時間・営業日・入場料」の案内をご覧ください。
 尚、体験交流ホールで行う伝統芸能上演プログラムの公演時間、体験学習館で行う学校団体向けの体験プロ グラムメニュー・料金、チセや工房等で行う個人向けの体験プログラムメニュー・料金、園内駐車料金(乗用車)、園外駐車料金(大型バス等)については、決定次第、ホームページにて公表されます。
 また、学校団体の予約については、公演プログラム時間、体験プログラム料金等が決定した後、10月頃から令和2年度の予約受付が開始される予定です。申込方法については、準備が整い次第ホームページで事前告知 されます。
 ウポポイについての詳細は、こちら をご覧ください。
 

2019-9-13
 東北教育旅行セミナー(9/27大阪)の開催について
    《本セミナーは終了しました》 
  東北観光推進機構では、東北6県と新潟県、仙台市の協力のもと、「東北教育旅行セミナー」を大阪で開催します。
 同機構では、東日本大震災以降、東北を教育旅行の訪問先とする学校数の回復が遅れている現状を鑑み、東北地方の正しい情報を発信することで、東北を訪問地とする教育旅行の需要を喚起し、交流人口の拡大を目指しています。 
 セミナーでは、東北教育旅行のキャッチフレーズである「”こころ”と ”いのち”の教育旅行・東北まなび旅」につながる取り組みを紹介し、「学びの場としての東北の魅力」を発信します。
                                                                                                                             *当協会はこのセミナーを後援しています。
 
  日  時 9月27日(金)14:00~18:30 
  会  場 ホテルグランヴィア大阪(大阪市北区梅田3-1-1/JR大阪駅直結)定員120名

  参 加 費  無料

  主  催 一般社団法人東北観光推進機構

  実施内容 ●事例発表

       ・京都府立落水高等学校 様
       ●東北教育旅行プレゼンテーション
       ・東北6県及び新潟県からの魅力発信プレゼンテーション 
       ●教育旅行相談会
       ・学校関係者様と東北・新潟各県の担当者
       ・旅行会社と東北・新潟各県の受入れ事業者
       ◇情報交換会(17:30~18:30頃)
        セミナー終了後に立食形式で開催(参加費無料)
  申込締切 9月19日(木)
  お申込み 参加申込書にご記入の上、FAXにてお申し込みください。 FAX:022-721-1293 
       参加申込書・ご案内は こちら。
  お問合せ (一社)東北観光推進機構 事業推進部 高橋・大城 TEL:022-721-1291 
 
 

2019-8-15
 沖縄修学旅行説明会2019 in 水戸 (9/6)の開催について
    《本説明会は終了しました》  
 沖縄県及び沖縄観光コンベンションビューロー(会長:下地芳郎)では、学校関係者や旅行会社担当者を対象に、沖縄修学旅行の魅力や学習効果を広く発信するため、「沖縄修学旅行説明会2019 in水戸」を開催
ます。 
「生きる力を育む~おきなわで学び、感じ、未来を創造する~」をテーマに掲げ、地域の観光協会、修学旅行受入事業社等によるプレゼンテーションに加え、出展者との個別相談会も予定しています。
 
1 日 時 9月 6日(金) 
   [第一部]旅行会社向け  10:00 ~ 12:00
   [第二部]学校関係者向け 15:00 ~ 17:00
2 会 場 水戸プリンスホテル2階(大会議室)
     (〒310-0801 茨城県水戸市桜川2-2-11 TEL:029-227-4111)
3 主 催  沖縄県
        一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー
4 内 容 ① 沖縄修学旅行支援事業のご紹介(10分)     沖縄観光コンベンションビューロー 
       ② 地域観光協会・修学旅行受入施設によるプレゼンテーション(各20分)
        1.  基地のまちならではの平和学習をご提案    沖縄市観光物産振興協会
            今も続く戦後として沖縄が抱える矛盾や現状を分かりやすく解説
                2. 【SDGs・キャリア教育・探究学習】   名護市観光協会
            新学習指導要領と名護市での地域型教育旅行の可能性
                         名護市の概要及び体験学習プログラムの紹介
               ③ 個別相談会(30分~)
                      ※興味のある地域観光協会・修学旅行受入施設担当者と直接ご相談ください。
5 出 展 社  沖縄市観光物産振興協会 名護市観光協会 オキナワグランメールリゾート
        沖縄サンコーストホテル ホールアース自然学校沖縄校 がじゅまる自然学校
        ホテルゆがふいんおきなわ かねひで喜瀬ビーチパレス
6 お申込み 参加申込みはFAXもしくはE-mailにてお願いします。
        FAX 098-859-6222 E-mail  shuryo@ocvb.or.jp 参加申込書は こちら をご覧ください。
        沖縄観光コンベンションビューローの ホームページは           
                    https://education.okinawastory.jp/3156/
7 お問合せ 沖縄観光コンベンションビューロー 沖縄修学旅行説明会2019事務局
            担当 神谷、金城、阿嘉 TEL 098-859-6125 FAX 098-589-6222
 

2019-8-2
 第15回 JTB交流創造賞の募集について
     《募集は終了しました》   
  株式会社JTBでは、「第15回JTB交流創造賞」を募集しています。
 「JTB交流創造賞」は、2005年の創設以来、地域に根ざした持続的な
交流の創造と各地域の魅力の創出、地域の活性化に寄与することを目的として、今年で15回目を迎えます。
 地域(観光地)の組織・団体の取組みを対象とした「組織・団体部門」と一般の旅行者を対象とした「一般体験部門」、小中学生対象の「ジュニア体験部門」の3部門で募集を行い、それぞれ優秀な作品について厳正な審査を経て表彰します。
 昨年度の応募作品数は、組織・団体部門20作品、一般体験部門66作品、ジュニア体験部門721作品でした。
 選考は6人の選考委員によって行い、観光振興・地域活性化の貢献度、新しい出会いの体験度合いを審査基準とします。なお、組織団体部門で選考された作品に対しては、過去、商品化等によりその魅力を日本全国に発信しました。
 
 JTBグループは、事業パートナーやお客様とともに、地域が本来持ち合わせている自然や文化、歴史などの 価値を損なうことなく、地域の特性を存分に活かした持続的な「交流」の創造・活性化へ寄与していくことを目的に、企業の社会的責任と「地域の誇りとなる持続可能な観光」、「旅行者への新鮮な感動」の実現を支援しています。
      ・JTB交流創造賞3部門の詳細は こちら。  ・応募要項は こちら
 
・お問合せ JTB交流創造賞事務局(株式会社JTBビジネンスネットワーク内)

                  TEL : 03-5396-8149(10:00~17:30 土・日・祝日除く)  FAX:03-5396-8140

      E-mail:jtb-ksouzousho@jbn.jtb.jp.

 

2019-7-31

 岩手県教育旅行誘致説明会(8/21東京)の開催について

     《本説明会は終了しました》 

 公益財団法人岩手県観光協会では、首都圏からの修学旅行誘致促進を目的として、首都圏の中学校及び高等

学校並びに旅行会社を対象に、岩手県教育旅行誘致説明会を下記により開催します。

 震災学習をはじめとする岩手県での各種体験学習の紹介を行うとともに、当日は、岩手県と市町村、市町村観光協会、宿泊施設、観光施設等から約70名が参加しますので、最新の現地情報等を直接聞いていただくことができます

 

1 日   時 8月21日(水) 13:30~17:00  

2 会   場    ホテルメトロポリタンエドモント  2階「万里」

        (東京都千代田区飯田橋3-10-8 ℡ 03-3237-1111)

3 参加対象者 首都圏の中学校及び高等学校の教諭

         首都圏の旅行会社等の教育旅行担当者

4 内   容  (1)全体説明会 13:30~14:40

                   ・岩手県修学旅行のご案内(岩手県商工労働観光部観光課)
         ・「震災学習列車」のご案内(三陸鉄道(株))
    (2)個別相談会・個別商談会 14:50~17:20

5 岩 手 県 側 岩手県、公益財団法人岩手県観光協会教育旅行誘致宣伝部会

   参   加   者 (市町村、市町村観光協会、宿泊施設、観光施設等)70名程度

6 お 申 込 み 学校関係者は参加申込書に、旅行会社担当者は出欠報告書にご記入の上、

          FAXにてお申し込みください。   FAX 019-651-0637

         学校用参加申込書は こちら 、旅行会社用出欠報告書は こちら
7 お 問 合 せ 岩手県観光協会 TEL 019-651-0626(担当:高橋)

   

 
2019-7-30
 福島県教育旅行モニターツアーの募集について
     《本モニターツアーは終了しました》   
 福島県では、延べ宿泊者数が震災前の約7割と低調な回復状況となっている教育旅行の再生に向け、県外の教員、教育委員会職員の皆様に福島県内の豊富な教育素材、学びの効果等を体感いただくため、下記のとおりモニターツアーを実施いたします。
 福島県内の豊富な教育素材、学びの効果を実際に来て見て感じていただければ、福島県が教育旅行の適地であることをご理解いただけることと思います。 
 
(①コース)8月19日(月)から8月21日(水) ①コースのご案内及び詳細は こちら

      会津の歴史学習、伝統文化体験、班別自主研修、磐梯山等の自然・環境学習

(②コース)8月23日(金)から8月25日(日) ②コースのご案内及び詳細は こちら
      尾瀬の自然学習と南会津農村生活体験

 

・募集人員 15名(最少催行人員5名)

・旅行代金 5,000円(税込)*福島県観光交流課からの助成金を反映した代金となっています

                 *旅行代金に含まれるもの:行程に記載の宿泊・食事・体験施設・交通費。

参加条件 アンケート記入及び教育旅行に関する取材にご協力いただける方

      将来、福島県への教育旅行を検討いただける方

・申込方法 参加申込書にご記入の上、FAXもしくはメールでお申込みください。参加申込書は こちら

      FAX:024-522-0051  メール:katsunori_kanno@tobutoptours.co.jp

      申込期限は7月31日になっていますが、その後の申込みの場合は下記までお問い合わせください。

・お問合せ (公財)福島県観光物産交流協会 観光部 教育旅行推進課 担当:羽根田、髙屋敷

                  TEL 024-525-4024(月~金 9:00-17:30)

 

 
2019-7-23
広島平和学習セミナー(8/21東京、8/22名古屋)の開催について
     《本セミナーは終了しました》 
 国立広島原爆死没者追悼平和祈念館、広島平和記念資料館、広島市では、共同で学校関係者及び旅行会社(教育旅行部門)を対象として、広島での平和学習や体験学習などを紹介するセミナーを毎年各地で開催し、広島での平和学習の周知を図るとともに、修学旅行のプランの提案を行っています。今年度は東京と名古屋で開催することが決まりましたのでお知らせします。
                 *当協会はこのセミナーを後援しています。
1 日 時 
  (1)東京会場  8月21日(水) 14:00~16:00
  (2)名古屋会場 8月22日(木) 15:00~17:00
2 会 場
  (1)東京(品川)会場
     TKP品川カンファレンスセンター バンケットホール4J
     東京都港区高輪3丁目26番33号 京急第10ビル
     (JR品川駅・高輪口より徒歩1分)
  (2)名古屋会場
     TKPガーデンシティPREMIUM名古屋ルーセントタワー16階O
     名古屋市西区牛島町6-1 名古屋ルーセントタワー(名古屋駅から徒歩5分)
3 内 容(両会場共通)全120分
     (1)あいさつ・主催者紹介(5分)
     (2)修学旅行プラン(15分)       広島市観光政策部職員
     (3)平和記念資料館リニューアル(15分) 平和記念資料館職員
     (4)被爆体験継承の取組(5分)           追悼平和祈念館職員
      (休憩 5分)
     (5)被爆体験伝承講話の実演(30分)被爆体験伝承者 (楢原 泰一さん)
     (6)被爆体験記朗読会の実演(40分)被爆爆体験記朗読ボランティア(今岡祐子さん、西孝恵さん)
     (7)意見・質疑応答(5分)
4 主 催  
            国立広島原爆死没者追悼平和祈念館、広島平和記念資料館、広島市(経済観光局観光政策部)
5 お申込み 
            参加申込書にご記入の上、下記お問合せ先へ、郵送、FAX、Eメールにてお申し込みください。
      参加申込書は こちら 。 *書面に記載の申込締切後もお申込みいただけます。
6 お問合せ 
            国立広島原爆死没者追悼平和祈念館   〒730-0811 広島市中区中島町1-6   
            TEL:082-207-1202  FAX:082-543-6273    Email:info@hiro-tsuitokinenkan.go.jp
*セミナーチラシはこちら→(東京会場/表)(名古屋会場/表)(両会場/裏
 
 また、広島市と広島市教育委員会では、8/8大阪・8/9神戸・8/19東京(新宿)・8/20横浜で、広島への
修学旅行実施を促進させるため、広島修学旅行コースや、それに向けた事前・事後学習、平和学習の指導方法
等を説明する「平和学習講習会」を開催します。
 詳細は、6月17日発信の  広島「平和学習講習会」の開催について  をご覧ください。
 
 
2019-7-19
 沖縄修学旅行説明会 in 静岡(8/20)の開催について
     《本説明会は終了しました》

 沖縄県及び沖縄観光コンベンションビューロー(会長:下地芳郎)は、学校関係者や旅行会社担当者を対象に、沖縄修学旅行の魅力や学習効果を広く発信するため、「沖縄修学旅行説明会2019 in静岡」を開催

致します。 

 「生きる力を育む~おきなわで学び、感じ、未来を創造する~」を

テーマに掲げ、地域の観光協会、修学旅行受入事業社等によるプレゼンテーションに加え、出展者との個別相談会も予定をしています。静岡空港を利用した沖縄修学旅行の提案もあります。

                                      *当協会はこのフェアを後援しています。

 

1 日  時 8月 20日(火)

          [第一部]旅行会社向け    10:00~12:00

                                                          [第二部]学校関係者向け  15:00~17:00  
2 会  場 レイアップ御幸町ビル 5階 5-C(〒420-0857 静岡市葵区御幸町11-8 TEL:054-269-5070)

3 主  催  沖縄県

         一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー

4 内  容 ① 沖縄修学旅行支援事業のご紹介(10分) 沖縄観光コンベンションビューロー 

        ② 地域観光協会・修学旅行受入施設によるプレゼンテーション(各20分)
      1. 基地のまちならではの平和学習をご提案   沖縄市観光物産振興協会
         今も続く戦後として沖縄が抱える矛盾や現状を分かりやすく解説
                 2. 【SDGs・キャリア教育・探究学習】 名護市観光協会
          新学習指導要領と名護市での地域型教育旅行の可能性
                         名護市の概要及び体験学習プログラムの紹介
                  ③ 静岡空港を利用した沖縄修学旅行のご提案(20分)
                       静岡県文化・観光部 空港振興局 空港振興課
                  ④ 個別相談会(30分~)
                      ※興味のある地域観光協会・修学旅行受入事業社と直接ご相談ください。

5 出 展 社  沖縄市観光物産振興協会 名護市観光協会 オキナワグランメールリゾート

        沖縄サンコーストホテル ホールアース自然学校沖縄校 がじゅまる自然学校
        ホテルゆがふいんおきなわ ホテルリゾネックス名護 
6 協力団体 静岡県文化・観光部 空港振興局 空港振興課

7 お申込み 参加申込みはFAXもしくはE-mailにてお願いします。

        FAX 098-859-6222 E-mail  shuryo@ocvb.or.jp 参加申込書は こちら をご覧ください。

8 お問合せ 沖縄観光コンベンションビューロー 沖縄修学旅行説明会2019事務局

            担当 神谷、金城、阿嘉 TEL 098-859-6125 FAX 098-589-6222

 

2019-7-18
 沖縄修学旅行フェア2019 in 東京(8/8)の開催について
     《本フェアは終了しました》

 沖縄県及び沖縄観光コンベンションビューロー(会長:下地芳郎)では、学校関係者や旅行会社担当者を対象に、沖縄修学旅行の魅力や学習効果をご紹介する「沖縄修学旅行フェア2019 in 東京」を下記のとおり開催致します。
 「生きる力を育む~おきなわで学び、感じ、未来を創造する~」を

テーマに掲げ、市町村観光協会や受入施設等による地域連携の取組を

紹介するほか、会場では、沖縄県内の修学旅行受入事業者が北部・中部・南部・離島のエリアごとにブースを構え、沖縄修学旅行に関する

相談や質問に直接対応します。 

 また、実際に沖縄修学旅行を実施している学校からの事例紹介など、様々な角度から沖縄修学旅行の魅力が紹介されます。

                                       *当協会はこのフェアを後援しています。

 

1 日 時 8月 8日(木) 13:00~18:00  *開催時間内は、入場・退場・再入場が自由です。

2 会 場 東京交通会館12階 ダイヤモンドホール(JR有楽町駅 銀座側徒歩1分)

       〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1

3 主 催  沖縄県

        一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー

4 出展社 沖縄県内各地域観光協会及び修学旅行関連事業者 49社  

5 内 容 13:00~ 開会セレモニー

       13:15~14:00 事例発表1 東京都立足立東高等学校

       14:00~15:30 出展社プレゼンテーション

       16:30~17:15 事例発表2 明治大学付属明治高等学校

                *13:15~18:00は、自由に各ブースを巡り説明を受けることができます。

6 お申込み

    ・参加申込みはWebもしくはFAXにてお願いします。

     沖縄観光コンベンションビューローの ホームページへは こちら から。

     FAX 098-941-0397 参加申込書・参加企業一覧・会場案内図は こちら をご覧ください。

7 その他

    ・遠方から来場される学校関係者様に対して、会場までの交通費の一部助成があります。

               交通費助成のご案内も 沖縄観光コンベンションビューローの ホームページをご覧ください。

8 お問い合せ

     「沖縄修学旅行フェア2019事務局」(沖縄観光コンベンションビューロー本社内)

      担当 金城、神谷、阿嘉 TEL 098-859-6125 FAX 098-859-6222

 

 

2019-7-17
 北海道教育旅行説明会・相談会(8/1大宮)の開催について