本文へ移動

月刊「教育旅行」

月刊「教育旅行」~唯一の教育旅行専門誌~ のご案内

A4判・36ページ
毎月1日発行
550円(税込)※2024年4月号から
(2024年3月号までは482円(税込))
*書店販売は行っておりません。直接、当協会にお申込みください

バックナンバーのご案内はこちらから

  定期購読・バックナンバー購入・見本請求のご案内はこちらから

デジタル版のご案内はこちらから

毎月の特集と連載について

 特集 
 最近のテーマは、「持続可能な社会の担い手」の育成につながる体験的な学習活動、SDGs、グリーン・ツーリズム、農山漁村体験・民泊、産業観光、環境学習、平和学習、キャリア教育、防災・減災学習、観光教育など、さまざまなジャンルを積極的に取り上げ、教育旅行の課題や今後のあり方などを提案しています。
 また、児童・生徒を受け入れる地域の教育旅行誘致による活性化を目指し、カラーグラビア特集を年3回掲載し好評を得ています。

■2024年の特集テーマ
  • 1月号 第17回教育旅行シンポジウム これからの教育旅行
  • 2月号 教育旅行で学ぶ・体験する「食」文化
  • 3月号 グラビア特集:ひがし北海道/十勝・阿寒の新しい「学び」のプログラム

 巻頭連載 もう一度訪ねたい日本の遺跡
 ユネスコ世界文化遺産に登録された「北海道・北東北の縄文遺跡群」が話題になるなど、「遺跡」の価値が見直されています。近年では、古代人体験やデジタル機器の活用など、各施設が工夫をこらした展示を行っていることもあり、児童・生徒にとっても身近な存在になりつつあります。
 「過去からの贈り物」である日本全国の遺跡を、いま改めて訪ねてみませんか。
ひしゃくで潮をまく塩浜作業体験(三田尻塩田記念産業公園)
ひしゃくで潮をまく塩浜作業体験(三田尻塩田記念産業公園)
 連載 教育旅行研究
 全国の中学校や高等学校を中心に、修学旅行を中心とした国内外の教育旅行実践例や中高一貫校やスーパー・サイエンス・ハイスク ールなども含め、さまざまな学校の教育旅行への取り組みを紹介しています。
 また海外教育旅行は、新たなディスティネーションの開発や国際交流の促進に役立つ記事としてご活用ください。
 
 連載 「産業観光」で日本のモノづくりを体感!
 「産業観光」は教育活動と深いかかわりをもつ活動であり、生産現場の見学やモノづくり体験、そしてそこに働く人々との交流がもたらす学習効果は大きいと期待されています。このコーナーでは各地域の産業観光の取り組みを、キャリア教育やSDGsとの関連も踏まえ紹介しています。教育旅行の行先選定また班別研修などの一助としてご活用ください。
 
宮古島のお母さんと食事づくり(一般社団法人宮古島観光協会)
宮古島のお母さんと食事づくり(一般社団法人宮古島観光協会)
 連載 ミュージアムに行こう!
 修学旅行や移動教室など、児童・生徒が訪れる博物館・美術館・資料館等を紹介しています。ここでは、規模の大・小にとらわれず、明確なミッションのもと、特色ある展示や教育旅行支援プログラムの開発などに積極的に取り組む博物館等を取り上げています。また博物館ならではの体験活動も紹介しています。
 連載 地域だより
 今、多くの地域で特色ある学習素材を活かして教育旅行を誘致する活動が活発におこなわれ、地域の活性化と振興を図ろうとしています。
 その動向や特色ある活動を広く学校に伝えるとともに、受け入れにかかわる問題や課題をどう共有し解決して行くかを考えてみるコーナーです。
連載 海外の扉を開く「学び」の旅へ!
 日本と海外諸国・諸地域との間に築かれた良好な関係が今後も永く続いていくためには、日本と諸国・諸地域の人々が親しく交流し、それぞれの国や地域の歴史や文化、風俗・習慣そして「今」を知ることで相互の理解を深めることが何より大切です。これまで海外教育旅行は、そのような機会を生徒たちに提供するという大切な役割を果たしてきました。この連載では、毎号、一つの国・地域をとりあげ、その地を海外教育旅行の訪問先として検討するうえで学校が手に入れたい最新の情報を紹介していきます。
 

最新号:6月号のご案内 No.817

デジタル版のご案内はこちらから

表紙写真 新潟県阿賀町での田植え体験(写真提供:聖徳学園中学・高等学校)

巻頭連載 もう一度訪ねたい日本の遺跡[41] 御所野遺跡(岩手県二戸郡一戸町)

特集 頑張ってます!農山漁村民泊
特集のねらい コロナ禍前まで実施する学校が増えていた農山漁村民泊ですが、新型コロナの感染拡大によって多くの地域や家庭が教育旅行の受入れを停止しました。しかし最近になって、教育旅行民泊の受入れを再開する地域・家庭が出てきています。特集では、現在教育旅行民泊を受け入れている地域とそこでの体験プログラムを紹介していただきました。
  • 北海道:食料自給率200%以上!北海道で学ぶ農山漁村((公社)北海道観光振興機構 事業企画本部プロモーション部 担当部長 長野 博樹)
  • 宮 城:自然と共に生きる力を育む町 南三陸町における民泊体験((一社)南三陸町観光協会 事務局長 及川 和人)
  • 新 潟:人との出会いや感動が生き方を変える~にいがたファームステイ~(にいがたグリーン・ツーリズムセンター(新潟県農林水産部地域農政推進課) 主任 木伏 真梨子)
  • 奈 良:「日本人の心のふるさと飛鳥」ホームステイで感動共有((一社)大和飛鳥ニューツーリズム 業務執行理事 下田 正寿)
  • 和歌山:わかやまだからこそできる学びの旅 ~民泊~(和歌山県地域振興部観光局 観光交流課 副主査 森川 友貴)
  • 宮 崎:宮崎県北地域「高千穂郷」と「延岡」で自然と共存した地域の暮らしを体験する((一社)ツーリズム高千穂郷 事務局次長 金子 伸行、延岡ふるさとツーリズム協議会 事務局 岡崎 宏之)
  • 沖 縄:「楽しく学べる」今帰仁村教育旅行民泊体験((一社)今帰仁村観光協会 事務局長 横澤 一美)

連載 教育旅行研究 「共生」を学ぶ中1スプリングキャンプ~新潟県阿賀町・上越市・妙高市での体験活動~(東京都 聖徳学園中学・高等学校 校長 伊藤 正徳)

連載 「産業観光」で日本のモノづくりを体感! 思い出の修学旅行を「大曲の花火」で彩ろう!(株式会社花火創造企業)

連載 ミュージアムに行こう! ヤンマーミュージアム

連載 海外への扉を開く学びの旅へ! (6) 世界幸福度ランキング一位の国フィンランドに学ぶ、ウェルビーイングな海外研修(Business Finland/Visit Finland)

記事広告 東西文化が融合するマカオでの教育旅行(マカオ政府観光局)

特別寄稿 観光DXから地域振興への提案力を引き出す学び―新潟県妙高市の中学生への出前授業から―(公立大学法人名桜大学特任教授・玉川大学名誉教授 寺本 潔)

インフォメーション
  • 北方領土隣接地域下見ツアー~修学旅行で北方領土を通じた平和学習や北海道の大自然に触れる体験をしてみませんか~
  • 迎賓館開館50周年記念事業のご案内
  • TOKYOスポーツ施設コンシェルジュ~都立スポーツ施設利用に関する総合的な相談窓口~
  • 新幹線をまるごとギュッと!「トレインパーク白山」オープン

バックナンバー

過去の月刊誌についてはこちらをご覧ください。
TOPへ戻る